コンビニの暗部「内引き」 店員の4人に1人が目撃!

印刷

   「内引き」という言葉をご存知だろうか。コンビニエンスストアなどの店員が商品や金銭を着服する行為をさす。"内なる万引き"だから"内引き"というわけだ。その実態の一端を示すアンケート結果が明らかにされた。

20%が「先輩から内部不正の方法を教えてもらった」

コンビニのバックヤードでタバコ1箱を抜き取る店員。このあと、自分のバッグに隠し入れた(JNC提供画像より)
コンビニのバックヤードでタバコ1箱を抜き取る店員。このあと、自分のバッグに隠し入れた(JNC提供画像より)

   調査結果を発表したのは、防犯カメラの設置をてがけるJNC(東京都新宿区)。2009年4月22日から24日にかけてインターネット上で、コンビニで働いた経験のある10~20代の男女400人にアンケートを実施した。

   それによると、「内引き」の現場を目撃したことがある人は27.3%。コンビニバイト経験者の4人に1人が同僚の不正行為を見たことがあるというのだ。また、「先輩から内部不正の方法を教えてもらったことがある」という人も20.8%にのぼった。

   このような数字について、JNC市場開発部門リーダーの伊藤英紀さんは、

「防犯カメラの営業活動を通じての実感が裏付けられた。これまで内引きに関する統計調査はほとんどなかったので、実態を示すデータが明らかになった意味は大きい」

と話す。

「内引き」があってもクビにできない苦しい事情

   内引きの内容はどうか。アンケート結果によれば、多かったのは"飲食系"で、「店内食品の飲食」が64.2%、「廃棄物の飲食」が61.5%と高いパーセンテージを占めた。その理由について、JNCは「手軽にできてしまうことで件数が増えている」と推測している。

   飲食ほどではないが、「金銭の着服」(20.2%)や「商品の着服」(23.9%)もかなりの範囲で行われていることが判明した。

「商品の着服で多いのは、タバコ。バックヤードでカートンごと抜き取って、友人に安く売ったりしているらしい。ほかでは、携帯電話の充電器やCD・DVDなど単価の大きいものが狙われる傾向がある」(JNCの伊藤さん)

   このような内引きに対して、コンビニ店側はどう対応しているのか。アンケートによると、解雇処分に至ったケースは13.8%にすぎず、厳重注意にとどまった場合が31.2%もある。それ以上に多いのが、「店舗に知られてない」(42.2%)だ。内部の不正を正確に把握できていないコンビニの実態がうかがわれるデータである。

「コンビニの多くは慢性的な人不足で、求人広告で募集してもなかなかバイトが来てくれないことが多い。そのため、内引きがあっても切るに切れないという事情がある」

と伊藤さんは話している。

たたかう書店―メガブックセンター・責任販売・万引き戦争 ジャンル別マネジメント・新古書店対策
たたかう書店―メガブックセンター・責任販売・万引き戦争 ジャンル別マネジメント・新古書店対策青田 恵一

青田コーポレーション 2005-09
売り上げランキング : 344829

おすすめ平均 star
star大変なんですねえ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中