2019年 11月 20日 (水)

【世界一蹴】世界最恐!? コンフェデ杯で垣間見た「南アフリカ」の意外な実情

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   今、僕らは南アフリカ共和国に滞在している。南半球はこれから冬が訪れようとしており、夜はダウンコートが手離せないほど肌寒い。つい2週間前、僕らはウズベキスタンにいた。ワールドカップアジア最終予選の3連戦に挑むサッカー日本代表を追い掛け、タシケント、東京、メルボルンと飛び回り、その後コンフェデ杯が開催されている南アフリカへとやってきたのだ。

   この航路を世界地図に引いてみると、見事な「コ」を描くことになる。世界地図をキャンパスにして自分が辿った旅路を「お絵描き」するのも、旅人としてのひとつの楽しみである。

>>「世界一蹴の旅 ~ワールドカップ出場32ヶ国周遊~」・記事一覧

南アフリカの人は「忍術」が大好き?

世界地図をキャンバスに描く「コ」。サッカー日本代表の岡田監督も同じ旅路を辿っている
世界地図をキャンバスに描く「コ」。サッカー日本代表の岡田監督も同じ旅路を辿っている

   さて、「世界一蹴の旅」における最終ゴールにいきなり辿り着いてしまったわけだが、僕らが1年もフライングしてこの地を訪れた目的はただ一つ。ワールドカップ本番の下見を行うためだ。

   治安の悪さや交通網の不備、スタジアム建設の遅延など、不穏な噂ばかりが目につくホスト国、南アフリカ共和国で、本当にワールドカップが開催できるのかどうか? このポイントを現地人にインタビューしたり、実際にコンフェデ杯の試合をスタジアム観戦したり、様々な手段を用いながら、体当たり検証を行いたいと考えている。

   そんなわけで、至る所で現地人と交流を図るシーンをビデオに収めているのだが、南アフリカに到着した初日、複数の人々との会話から、ある一つの結論が導き出された。南アフリカの男性達は、日本の「忍術」に非常に興味があるというのだ。とにかくこの動画を見てほしい。

   空港に降り立つや否や、コンフェデ杯のスタッフから「忍術は知ってるか?」と聞かれたり、街でショッピングしていると突然、忍術の「構え」をされたり、こんな異国の地で日本の文化に触れることになるとは、予想だにしなかったことである。

   この2つの出来事から、「南アフリカ人はみんな忍術が好き」という結論を導き出せるわけではないが、日本の文化がアフリカ大陸の南端の国にまで波及しているという事実に、僕は日本人として誇らしく思えた。

サッカー日本代表が出場する国際大会に毎年参加するコアサポーター(写真左)。本名、村上敦伺(あつし)。1977年生まれ、札幌市出身。職業はフリーランスの経営コンサルタント。元同僚の四方健太郎(写真右)とともにサッカー南アW杯出場32か国を2年間かけて訪問し、『世界一蹴の旅』(双葉社刊)を上梓。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。ツイッター @4JPN
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記
世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記村上 敦伺 四方 健太郎

双葉社 2010-06-02
売り上げランキング : 1289

おすすめ平均 star
starW杯を32倍楽しむために!!
starW杯を楽しもう
star旅行に行きたくなる本でした。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中