「渾身のメルマガ書いて無反応」 ネット店長、悲哀をうたう

印刷

   急増しているECサイトやサイバーモールのネットショップ。顧客のニーズを予想しながら売れる工夫をし、その結果に一喜一憂していることだろう。先日、ネットショップの店長による川柳コンテストの結果が発表されたが、そこには彼らの喜びと悲哀がにじんでいる。会社のウェブサイト担当者も共感できるのではないか。

「実体験を正直に句にしてしまいました(涙)」

一攫千金の夢を見ながら・・・
一攫千金の夢を見ながら・・・

   日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)は2009年7月14日、「第1回ネット店長川柳コンテスト」の結果を発表した。ネットショップの店長が作った川柳全応募158句の中から、最終審査に32句がノミネートされ、投票によりグランプリ1作、準優勝2作が選ばれた。

   グランプリ作品は「福岡ふるさと便り」の江田千恵さんの作品だった。

「サーバーの ダウンじゃなかった 受注ゼロ」

   商品の紹介文に頭を悩ませたり、画像の配置を工夫したり、キャンペーンの企画を立てたり、いろいろ苦労をしたのに、翌朝「受注履歴」のメールフォルダを見てみると、1件も注文が入っていない。「そんなはずはない」と調べたが、サーバが落ちた形跡もなく・・・そんな場面だろうか。

   受賞者の江田さんは「まさか受賞するとは思ってもみませんでしたので実体験を正直に句にしてしまいました。経営状況があからさまになってしまったようですが怯まず、明るく楽しく頑張りまーす(涙)」とコメントしている。

   この作品に投票したネット店長たちも、同じような経験をしているようで、

「最近ではなくなりましたが、誰もが通るつらい現実です」
「サーバーダウンじゃないかと思い、自分でテスト注文した経験が何度もあります・・・」

といったコメントが寄せられている。

   準優勝は2点。1点目は「ハニーキューブ」の大田アリサさんの作品。

「渾身のメルマガ書いて 無反応」

   こちらもグランプリ作品と同じく、目いっぱい工夫してみたけれど、「空振り」に終わってしまったようだ。

「思いっきり念を込めたメールマガジンがスカッとこけた時の気持ちを詠んでみました。自分の気持ちや言いたいことだけを一方的に長々書いたものは、やっぱり独りよがりだったりするのが伝わってしまうんでしょうね」(大田さん)

ネット店長の野望「深夜2時 マウス片手に夢をみる」

   準優勝をもう1点。「SESEセレクトオンラインショップ」の高田明彦さんの作品。

「いざ購入 自分は安値比較から」

   自分の店舗ではサイト運営にいろいろ凝ってみるものの、いざ自分が購入するときには価格で判断してしまうのに気づき、愕然・・・。そんなシーンが他のネット店長の共感を呼んだのだろう。

   悲哀を呼ぶ句が上位になっているが、最終審査にノミネートされた句の中には、ネット店長の充実感や夢が伝わってくるものもある。

「ありがとう クレームの中に宝あり」
「また買います 疲れがふっとぶレビューたち」
「深夜2時 マウス片手に夢をみる」

   個人的に受けたのは、この作品。

「ランキング チェックのつもりが衝動買い」

   やはり、ネット店長はネットショッピングがとても好きらしい。

ネットショップ 開店・運営バイブル
ネットショップ 開店・運営バイブル若狭 信治

おすすめ平均
stars手元において何度も読み返したいガイドブックです
stars勉強になります!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中