2019年 11月 15日 (金)

社員が「うちの会社は危ない!」とふれ回っています

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「うちの会社の経営は大丈夫だろうか・・・」。そんな漠然とした不安を抱くこともあるかもしれないが、それを取引先の前で言ってしまったら、取引に悪影響が出るに決まっている。ある会社の人事担当は「そんなことも分からない子がいるんですよ」と嘆いている。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

取引先に「ウチがつぶれちゃったら雇って下さいね」

――流通業の人事担当です。都内3支店のうち、A支店の売り上げが急激に減ってきました。支店長に原因を調査させたところ、取引先が減少していることまでは分かりましたが、取引先の社長に話を聞いても曖昧に言葉を濁されてしまいました。

   ある日、顧問税理士から社長に連絡があり、気になる内容の話を聞かされました。以前、A支店のB子から、顧問税理士に突然連絡があり、

「先生、うちの会社の業績は大丈夫なんですか? 賞与は出るんですか?」
と、唐突に尋ねてきたのだそうです。顧問税理士は、「経営に関する話は会社に聞いて下さい」と答えたそうですが、B子は支店内でも、同僚たちに、

「うちの業績は相当悪いらしいわね。今年いっぱい持つかどうか」
「早く転職先を見つけた方がいいわよ」
とふれ回っていたのだそうです。また、取引先に行ったときも、

「ウチの会社、不景気で業績が最悪なんです」
「つぶれちゃったら雇って下さいね」
など、冗談にもならない話をしているようです。

   確かに当社の営業利益は、不況の影響を受けて昨年比で2割ほど落ち込んでいますが、潰れるほど悪化はしていません。しかし取引先は、どうやらB子の噂を真に受けて取引を絞り込んでいたようです。B子の言動を知った社長は激怒し、本社に呼んで確認すると、

「業績悪化は事実じゃないですか。事実を言って何が悪いんですか? まさか解雇なんてしないですよね。そんなことしたら私もしかるべき対応をしますから、覚悟した方がいいですよ!」
と逆ギレとも取れる開き直りで、社長は怒りを通り越して呆れてしまいました。

   B子は感情の起伏が激しく思い込みも強いことから、過去にも誤解を招くような言動をしていました。同僚は「また始まった」と受け流しているようですが、業績悪化の原因のひとつになったことは間違いありません。こんな社員はどうすればいいでしょう――
尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ロマンティック(妄想恋愛)がとまらない
ロマンティック(妄想恋愛)がとまらない
おすすめ平均
starsにやにやしながら共感します。
starsあー、出会ってもうたなって・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中