ボーナス出なければ「自分でごほうび」あげればいいじゃない!

印刷

   派遣社員は勤務形態や期間がさまざまなので、ボーナスが出ない会社がほとんど。派遣先の社員がボーナスの話題で盛り上がっているときには、少しさびしい気分の人もいたかもしれない。そんなボーナス期間に行われた調査では、派遣社員は「がんばった自分には、自分でごほうびをあげている」実態が明らかになった。

「美味しいもの」「身につけるもの」「非日常の体験」が上位に

1回あたりの金額には幅がある
1回あたりの金額には幅がある

   求人求職マッチングサイト「派遣@ばる」を運営するアイルは2009年8月26日、登録会員の「がんばった自分へのごほうび」に関するアンケート結果を公表した。調査期間は09年6月29日~7月27日で、回答者は「派遣@ばる」の登録会員242名。

   まず、自分に対して「ごほうび」をあげることがあるか、という問いには、93%の人が「はい」と回答。ごほうびの内容は、1位が「スイーツやグルメ」(24%)、2位が「洋服」(16%)、3位「旅行」(12%)だった。

   上位の回答には「美味しいものを食べる」「気に入った身につけるものを買う」「旅行やエステなど高額で非日常の体験をする」という要素が多い傾向にあった。

   「ごほうび」をあげるのはどんな時か、という問いには、「ストレス発散や気分を変えたい時」が45%、「仕事に区切りが付き、頑張った自分をいたわりたい時」が36%、「テンションやモチベーションを上げたい時」が14%だった。さまざまな職場や人間関係の中で働くことが多い派遣社員には、ストレスやモチベーションを自分でコントロールできる能力も必要ということだろう。

「ケーキ1ホール4000円」から「エステ20万円」まで

   1回あたりのごほうびの金額は、1位が「5000円以内」で27%。次いで「2万円~5万円」が21%、「5000円~1万円」が20%だった。また、これまで「一番贅沢だった」または「一番満足した」ごほうびの金額は、「1万円~10万円」が41%でもっとも多く、次いで「10万円~50万円」が36%となった。

   具体的な「ごほうび」の内容は、派遣歴などによって違いが出た。

「エステ(ボディ)20万円。精神的にとってもリラックスできて、身体もすっきりときれいになれました!」(派遣歴5年/はなももさん)
「思い立って沖縄旅行に行き、オープンカーをレンタルして1週間滞在。約30万くらいでした」(派遣歴20年/としべーさん)

といった贅沢なものも少なくなかったが、若い人たちの中には、

「ケーキ1ホールを買ってきて、1人で食べます」(派遣歴1年/レオナさん)

というものもあった。金額としては4000円ほどのようだが、その光景を想像するとほほえましい。

ロト6的中予告―ボーナス数字が導く理論 (LOTO Japanシリーズ)
ロト6的中予告―ボーナス数字が導く理論 (LOTO Japanシリーズ)
東京経済 2008-04
売り上げランキング : 297917

おすすめ平均 star
star新しい切り口だ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中