「えこひいきする上司」には、たまに従順なところを見せよ

印刷

   多摩大学教授の樋口裕一氏は、ダメ部下とアホ上司の生態を集め、心構えと具体的な対処方法を著書にまとめている。「親と上司は選べない」という言葉があるが、上司との相性が悪くて毎日が憂鬱な人には、状況打開の参考になるかもしれない。

>>新書ちょっとだけ・記事一覧

抗議をする形をとると、いっそう厄介なことに

樋口裕一著『ダメ部下・アホ上司の使い方』
樋口裕一著『ダメ部下・アホ上司の使い方』
   二人の部下がまったく同じような行動をとっている。ところが、一人は上司にこっぴどく叱られ、もう一方はまったく叱られない。それどころか、褒められることさえある。周囲は、二人の行動にどんな違いがあるのかわからないが、なぜかつねにそうなる。
   ・・・言うまでもなく、これは上司にあるまじき態度だ。部下を正当に評価し、公平に機会を与えてこそ、部下に信頼される。・・・
   えこひいきする上司に対して最も良いのは、冗談めかして、「課長、エリカさんには甘いんじゃないですか」などと言ってみることだ。ただし、このように言えるのは、かなり優しい上司に限られる。
   そのようなことが許されない上司の場合には、とりわけ邪険にされている人を、「あいつは良くやっている。エリカさんに負けない」などと言ってやることだ。もし、上司に直接言えない場合には、ほかの人に言う形をとって、上司に聞かせるようにすると良い。
   そのようなことを口にするのも難しい場合には、えこひいきする上司の目の前で、同僚を捕まえて、「お前は後輩をえこひいきしている」と怒るといい。そして、えこひいきが良くないことをわからせる。
   それでも自分のことと思わない上司に対しては、最終的には、邪険にされている当人が直接に上司と話をするしかない。とはいえ、抗議をする形をとると、いっそう厄介なことになる。
   えこひいきする人間は、所属意識が強い人間であることが多い。自分の権力になびこうとしない人間を邪険にし、素直に従属する人間を可愛がろうとする。それゆえ、たまに従順なところを見せ、上司を信頼しているところを示すと、機嫌が直ることが多い。

樋口裕一著『ダメ部下・アホ上司の使い方』角川oneテーマ21、156~158頁より)


(会社ウォッチ編集部のひとこと)
著者によれば、昔は密接な人間関係を営んでいたので、「バカもしばらくたつうちにだんだんと態度を改めていった」。しかし今では、面と向かって注意する人がいなくなったので、自分のバカな態度に気づかない人が増殖したという。昔に戻ることは難しいので、これからは上司も部下も、相手の個性(?)を尊重しつつ、上手に対処して使っていく能力が重要になるということだろうか。

>>新書ちょっとだけ・記事一覧

ダメ部下・アホ上司の使い方 (角川oneテーマ21)ダメ部下・アホ上司の使い方 (角川oneテーマ21)

角川グループパブリッシング 2008-04-10
売り上げランキング : 216250
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中