2010年卒の新卒者採用「内定基準を厳しくした」56.8%

印刷

   毎日コミュニケーションズは2009年9月8日、2010年卒の新卒者採用に関する「内定状況及び採用活動に関するアンケート」の結果を発表した。09年7月末時点での状況について、国内企業1350社(上場企業379社、未上場企業971社)から回答を得た。

   これによると、企業側から見た内定者に対する満足度は、「質・量とも満足」が50.9%と最も多く、昨年の33.2%から17.7ポイントも増加した。質に満足と回答した企業は70.4%と昨年より9ポイント増加、量に満足も73.0%と昨年より19ポイント増加した。

   内定基準について、「昨年より厳しくした」と回答した会社が56.8%と最も多く、昨年の17.5%から39.3ポイントの大幅な増加となった。採用者数を絞り込んだことで、採用の基準が厳しくなり、企業側からは採用の質・量ともに満足できる「買い手市場」になったことがうかがえる。

   09年7月末時点の採用活動の進捗状況は、4大文系学生の採用は68.7%(昨年56.2%)の企業が、4大理系学生の採用は65.0%(昨年46.3%)の企業が、「充足して採用終了・ほぼ終了」と回答。昨年より早く切り上げが進んでいるようだ。「採用継続」は、4大文系採用では20.1%(昨年35.9%)、4大理系採用では23.0%(昨年42.9%)。今後の採用方針については「質重視」が9割を超えている。

   次年度(11年卒)の採用数では、「今年度並み」が76.3%と最も多く、次いで「減らす」は18.3%(昨年の14.4%から微増)となった。2010年の就職戦線は、「売り手市場」といわれた2009年卒採用から一転して状況が変わってしまったが、いまのところ2011年もこの傾向が続く見通しだ。

ニッポン人脈記 魂の中小企業
ニッポン人脈記 魂の中小企業
おすすめ平均
stars自分の生き方を確認できるそんな一冊との出会いに感謝
stars生き様
stars経営者に必要なもの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中