2019年 12月 8日 (日)

「課長がパワハラ!」相談を受けた部長はどうすべきか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   部門の業績が上がらないのに頭を痛めている部長。各課長に指示を出し、苦境を脱しようとしている最中、部員から「課長がパワハラをしている」という訴えが。これが本当なら大問題だが、部長の権限で解決した方がいいのか、それとも会社に報告すべきか。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

部下からは「誰にも漏らさないで」と頼まれるが

――印刷会社の部門長です。先日、部下のA君から折り入って相談があると話があり、別室で「実は課長からパワハラを受けているので、何とかしてほしい」と相談を受けました。どうやら課長は、部長である私がいないところでA君に相当厳しく当たっているようです。

   「仕事が遅いくせに残業だと?この給料泥棒が!」と嫌みを言ったり、「仕事のレベル低すぎ。徹夜で直しておけ」と言ったり、同僚の前で「バカ」「アホ」「お荷物」「目障り」「なんで辞めないの」などと、長時間にわたって大声で叱責したりするのだそうです。

   巻き込まれたくない周囲の同僚は、傍観者を決め込んで見て見ぬ振りをしているようです。A君は誰にも相談できず、我慢していたものの、会社に行こうとすると吐き気がするようになり、思い切って部長の私に相談してきたようです。

   とは言っても、今まで部下からこのような相談を受けたことがなく、どうすればよいのか迷っています。A君からも、報復を恐れてか「誰にも漏らさないで」と言われているので、課長にも直接事情を聞けていませんし、他の人にも相談していません。

   業績へのプレッシャーが課長を苛立たせているのだろうと責任を感じますが、こういうケースは対応に間違うと、A君の憤りが大きくなって騒ぎが拡大したり、会社の責任が問われてしまったりするのではないかと心配になってきます。いったい私はどうすればいいのでしょうか――
尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
上司殿!それは、パワハラです
上司殿!それは、パワハラです
日本経済新聞社 2005-03
売り上げランキング : 144621

おすすめ平均 star
star40歳以上の管理職必読!!
starこれは分かりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中