合コン出席者に出身校を聞いて「テンションが上がる大学」ってどこ?

印刷

   「○○さんって、どこの大学出身なんですか?」 合コンでそんな話題が出たとき、どんな大学なら盛り上がるのか。あるアンケートでは、女性は男性が慶應義塾大学出身、男性は女性が東京大学出身だと、「テンションが上がる」「気合が入る」という結果が出た。

男性1位の慶大出身者「玉の輿に乗れそうな気がする」

「イメージ」と「偏見」は紙一重でもある
「イメージ」と「偏見」は紙一重でもある

   毎日コミュニケーションズが運営する20代社会人向けサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」は2009年9月25日、「合コンでテンションが上がる大学ランキング」を公表した。20代男女のCOBS ONLINE会員男性247人、女性742人から回答を得た。

   それによると、20代女性の回答者が「合コン出席者に出身校を聞いてテンションが上がる大学」として挙げた学校のトップ5は次の通り。

1位 慶應義塾大学(17%)
2位 東京大学(15%)
3位 京都大学(7%)
4位 早稲田大学(6%)
5位 名古屋大学(2%)

   1位の慶應義塾大学と回答した女性からは、

・なんとなく、お金持ちで頭がいいイメージがあるから(21歳/官公庁/総務)
・頭脳明晰な上にお洒落なイメージがある(24歳/IT/営業)
・玉の輿に乗れそうな気がするから(26歳/医薬品/営業)

2位の東京大学については、

・いいところに就職していて、給料が良さそうだから(24歳/アミューズメント/販売)
・それより上の大学がないから(25歳/教育関連/総務)

などの理由が挙げられた。会ったばかりで「玉の輿に乗れそう」とは気が早すぎるのではないか。同じ東京にあって4位となった早稲田大学の出身者に対しては、

・頭がいいし、慶応よりは一般市民なイメージ(24歳/情報/サービス)
・慶応は鼻につくことが多く、東大は変人が多いので、早稲田だと大体まともな人であることが多い気がするから(25歳/金融/企画開発)

と、上位2校と比較した上での良さを認める声もあった。

オトコは女性に「才色兼備」のイメージを追い求めているのか

   また、東京以外にキャンパスを置く3位の京都大学については、「関西は斬新(22歳/旅行/サービス)」「頭が良いだけではなくて、ユニークな人がいっぱいいそうなイメージがあるから(22歳/IT/SE)」、5位の名古屋大学については、「少し敷居が低い感じがする(22歳/小売/販売)」「名古屋周辺では一目置かれる存在だから(24歳/医療/その他)」と評する声があった。

   一方、20代男性から見た女性の出身校で「テンションが上がる大学」の上位6校は次の通り。これらの学校が占める割合は合計で30.9%なので、全体的にバラけているということになる。

1位 東京大学(12.5%)
2位 上智大学(4.8%)
3位 フェリス女学院大学(4.4%)
4位 慶應義塾大学(3.6%)
5位 青山学院大学(2.8%)
5位 お茶の水女子大学(2.8%)

   男性のコメントの中には、東京大学やお茶の水女子大学などについて「知的だと思うから(22歳/機械/設計)」「女子大の最高峰の大学だから(27歳/電気/研究開発)」など"知性"をイメージする声と、フェリス女学院や青山学院大学などについて「美人のお嬢様がいそうだから(25歳/IT/SE)」「典型的なお嬢様と言うイメージなので(29歳/通信/総務)」など"美貌"や"育ちの良さ"をイメージする声の2つが見られた。

   「出身校のイメージ」を把握しておくことは、合コンで異性の評価を上げる「傾向と対策」を考える上で、あんがい有益かもしれない。ただ、出身校だけで人を判断することはムリだし、ときには「○○出身らしくな~い!」と言われて傷つくリスクもあることを忘れてはならない。また、上位校は「卒業生が学歴をひけらかす嫌いな大学」にもランクされていることを頭に入れておいたほうがよさそうだ。

超 モテ期~わたし、どうしたらいい?~合コン編
超 モテ期~わたし、どうしたらいい?~合コン編
おすすめ平均
stars男:女=3:1の合コン
stars懐かしい感じ
stars素敵なシチュ
starsなーにーこーれー!
stars内容がいいです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中