「生活を楽しむ男性」脳・心臓疾患リスクが減少 女性では関連なし?

印刷

   「生活を楽しんでいる」という意識が高い男性ほど、脳卒中や狭心症、心筋梗塞を起こすリスクや死亡率が低い――。こんな結果が、厚生労働省研究班の調査結果によって明らかになった。女性では、このような関連が明確には見られなかったという。

楽しむ意識「低い」と心臓病での死亡率は1.91倍に

生活を楽しんでいる男性は、健康的な生活習慣を維持している
生活を楽しんでいる男性は、健康的な生活習慣を維持している

   研究班は、岩手県二戸や沖縄県宮古など全国9地域の男女(40~69歳)を対象に、生活習慣や意識に関する調査を実施。「ご自身の生活を楽しんでいると思われますか」というアンケートによって、生活を楽しむ意識の「高・中・低」の3グループに分け、循環器病との関係について約12年間にわたって調べた。

   その結果、生活を楽しむ意識が「低い」男性は、「高い」男性に比べ脳卒中を発症する危険性が1.22倍、死亡率は1.75倍高かった。狭心症や心筋梗塞を発症する危険性は1.28倍で、死亡率は1.91倍だった。男性では心理的な要因によって、循環器疾患による死亡リスクが異なる可能性が大きいということになる。

   なお、この研究において「生活を楽しんでいる意識の高いグループ」の男性は、週一回以上の運動習慣の割合が高く、喫煙者の割合が低いなど、健康的な生活習慣を維持している人が多い傾向が見られたという。

「女性の方がストレスを発散するのが巧み?」

   また報告書では、心理的にポジティブな状態にある人は、ストレス源に出会ったときに「何とかできる」と本人の負担にならない考え方をとったり、周囲に頼れる同僚や友人がいたりして、ストレスにならないで済む環境があることが考えられるとしている。

   つまり男性が健康で長生きするためには、趣味を持ったり頼れる友人関係をつくったりしながら、「生活を楽しむ」意識を高めることが大切ということになるが、なぜ男女でこのような大きな差が生じたのか。研究班の白井こころ・琉球大准教授は、

「女性の方が、友人関係などでストレスを発散するのが巧みなので、意識の違いで差が出なかったのでは。男性は女性に比べてストレスに弱い傾向があり、健康的な生活習慣を取り入れた人とそうでない人の差が大きく出た可能性がある」

とコメントしている。

シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計 Peb TW600-BK ブラック
シチズン(CITIZEN) デジタル歩数計 Peb TW600-BK ブラック
おすすめ平均
stars生活必需品になりました。
stars万歩計
stars意識して歩くようになりましたよ!!
starsカウントは甘め
stars2代目万歩計

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中