2018年 8月 21日 (火)

時間を問わずかかってくる「無言電話」 その発信元は?

印刷

   知らない番号から、自分のケータイ宛に頻繁に電話がかかってくる。しかも、無言。

   都内に住む三十代のAさんは、今年の春先からしばらく、そんな出来事に悩まされました。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

「何か規則性があれば対処の仕方もありそうだが・・・」

「はじめは、ストーカーか嫌がらせかと思いました。でも、身に覚えがない。結婚してもう8年になり、男女のトラブルもありませんし(笑)、仕事上でも思い当たる節がないんですよね」

   Aさんを悩ませた理由の一つが、無言電話がかかってくる時間帯です。早朝のこともあれば深夜のこともあり、かと思うと昼日中にかかってくることもありました。

「何か規則性があれば対処の仕方もありそうなんですけど、あまりにバラバラでかえってワケが分からなかった」

   家族はもちろん、職場の同僚や友人、知人にもそれとなく相談してみたのですが、これといって理由は見つかりませんでした。

   不気味に思うのですが、実害もないため、警察に相談するわけにもいきません。

練習用に「息子のケータイ番号」を登録していた老父

   謎が解けたのは、夏休みで家族とともに実家に帰ったとき。

   発信元は、Aさんの70代になる父親でした。

「地元の付き合いやなんかで、春から親父がケータイを持ったそうなんですね。親父は昔からメカ音痴で、機械の使い方や管理が下手と言うか、まったくダメでして。おまけに、息子のところへはわざわざケータイで連絡することもなかろうと、私に番号を伝えていなかった、と」

   父親はケータイの使い方に慣れようと、練習として息子であるAさんのケータイ番号をショートカットの1番に登録したのだそうです。

   そのうえで、いろいろな機能を理解しようと、機能のメニューを開いてとりあえず1を押しているうち、ショートカットに登録してあるAさんのケータイ番号が呼び出され、さらにいじっているうちにコールしていた、ということがわかりました。

「歳のせいで耳が少し遠くなっていて、こっちが『もしもし?』と言ってるのも聞こえていなかったようなんですね。まあ、原因と父親のケータイ番号がわかったので、これからは、かかってきて返答がなかったらすぐに切ればいい、ということになりました」

   指と目視による操作でなく、音声認識での操作が一般的になれば、こうしたトラブルも少なくなるんでしょうね。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中