隣の「おしゃべり先輩社員」のせいで仕事が進みません!

印刷

   新しく入社したり異動したりして、職場の環境に慣れるのは思ったよりも大変だ。ある社員は、異動先の隣の先輩社員がおしゃべりで、いつも話しかけてきて困っている。まだ仕事のペースがつかめていないこともあって、イライラが募っているようだ。


>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

話し出すと止まらない・・・声を聞くだけでイライラが募る

――リース会社に入社して3年目の社員です。人事異動で現在の部署に来てから半年経ちますが、隣の人のせいで仕事ができず、毎日悶々としています。
   その人は社歴10年の先輩社員ですが、声が大きすぎる上に私語が多いのです。最初のうちは「面倒見てくれて良い人だな」と思っていたのですが、次第に馴れ馴れしくなり、仕事中にも話しかけられることが多くなりました。
   仕事に全く関係の無い話のこともあり、話し出すと止まりません。しかしこちらも、まだ仕事に慣れていないこともあって、おしゃべりに付き合っている暇はありません。
「すみません、ちょっといま仕事に専念したいので」
というと、一時的に大人しくなるのですが、しばらくするとまた元に戻って、何度か同じ事を繰り返しています。そうやって仕事が遅れて、残業が増えてしまうといった具合です。
   最近では「この人は一体何なんだ?」と怒りがわいてきて、声を聞くだけでイライラして、仕事に集中できなくなっています。ストレスもかなりたまっており、私がキレてしまうのは時間の問題です。

   でも、そんなことしたら職場の雰囲気も悪くなってしまいますし、逆に私が危険人物扱いをされてしまうかもしれません。他の同僚に相談すると、
「あの人は言っても直らないんだよ。前から注意してるんだけどね。だからもうみんなあきらめて放っておいてるんだ」
と言われました。周りの人に相談しても解決できそうにないのですが、こんなつまらないことでと思って上司には相談していません。どうすればいいのでしょうか――

社会保険労務士・野崎大輔の視点
上司は「仕事の与え方」を含めてチェックを

   適度な私語は、職場の人間関係の「潤滑油」になることもありますが、多すぎれば仕事の妨げになるし、サボタージュにもなります。今回のケースのように一方的に話しかけられることが積み重なると、やる気や生産性の低下につながるでしょう。上司には職場環境を整える役目があるのですから、「こんなつまらないことで」とか「職場での人間関係が悪くなるかも」とか思って黙っているのではなく、自分のストレスを訴えて、しっかり注意してもらうよう頼んでください。

   訴えられた上司は、注意が聞き入れられなければ、ペナルティ付きで「私語厳禁」とルール化することも考えられます。また、私語が多いということは、仕事に余裕があるということになります。仕事がよほど速いのでなければ、仕事量が少なすぎるということになるので、仕事の与え方も含めてチェックする必要があります。

臨床心理士・尾崎健一の視点
異動で無意識に「ストレス」が溜まっているようです

   まず上司に実情を訴えましょう。しかし人の性格や行動というのは、すぐに変わるものではありません。また「職場にはいろいろな人がいる」ことを受け入れるのも、ある種の健全な考え方です。他の人たちが「あきらめている」のは、もう慣れて「気にならなくなっている」のかもしれません。悪いのは私語をする人とは決まっていますから、もう少し余裕のある受け止め方をしてもいいのでは。彼に仕事上の問題があれば、その点は上司がきちんと注意して、業績評価に反映させることになるでしょう。

   異動によって職場環境が変わったり、仕事が思うようにならなかったりすることで、自分で意識しないところでストレスが溜まり、周囲の言動に神経質になっていることもあります。普段からストレスを解消する習慣をつけて、先輩にもときどき「仕事のじゃまをしないでください!」と率直なモノ言いをしながら、仕事や職場に慣れてくれば、気にならなくなることもあるかもしれません。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

(本コラムについて)
臨床心理士の尾崎健一と、社会保険労務士の野崎大輔が、企業の人事部門の方々からよく受ける相談内容について、専門的見地を踏まえて回答を検討します。なお、毎回の相談事例は、特定の相談そのままの内容ではありませんので、ご了承ください。

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中