新政権への期待 30代未婚女性「ずっと独身でも安心できる政策」

印刷

   ある調査によると、いまの20代・30代の未婚女性は、恋愛や結婚に対し現状を厳しく認識しながら、将来に希望を託していることが分かった。民主党政権に期待することは、1位が「年金問題」だったが、2位は世代の興味関心を反映した結果となった。

20代女性「彼氏なし」急増も「運命的出会いある」62.2%

「好きな人から告白されたい」女性は90.4%
「好きな人から告白されたい」女性は90.4%

   楽天グループの結婚情報サービス「O-net(オーネット)」は2009年10月16日、「2009年20代・30代未婚女性の意識調査」の結果を発表した。回答者は20~39歳の結婚経験のない女性で、20代・30代が450人ずつ計900人。

   それによると、「交際相手がいない」とした女性は、20代未婚女性では63.6%。3年前の結果と比較すると15.8ポイントも増加し、30代の水準(63.1%)を上回った。20代男子の「交際相手がいない」割合も52.8%から69.6%に急増し、男女とも過去最悪となっている。

   交際相手がほしいかどうかについては、「ほしい」と答えた人が48.1%から39.1%に減り、交際に対する意欲の高い人が減っている。「ほしくない理由」(複数回答)は、「ひとりで楽しい」が70.9%、「他に時間を使いたい」が54.5%だった。

   しかし「現状の生活では結婚相手との出会いはおそらくない」と諦めを示す人が62.9%いる一方で、「きっといつかは結婚する相手との運命的な出会いがあると思う」人が58.6%おり、特に20代では62.2%に上った。現状は厳しいが、将来に夢や希望を託しているということだろう。

結婚相手の理想 20代・30代ともに「5歳未満の年上」

   結婚相手の理想年齢(複数回答)は、20代・30代とも「5歳未満の年上」が1位に。「結婚後の仕事の希望」では、20代・30代女性ともに「派遣等で家計を支える」が1位、次いで「フルタイムで働き続けたい」「専業主婦になりたい」と続いた。

   10年前(1999年)の調査と比べると「専業主婦になりたい」の増加(20代で4.9ポイント増、30代で4.2ポイント増)が目に付く。また、30代での「フルタイム」志向が弱まり、「派遣」へと移行している。景気悪化を受けて「年上男性志向」「専業主婦志向」という保守化の傾向が見られるようだ。

   また、新政権に期待することとしては、20代・30代ともに「年金問題」(全体で49.6%)が1位。2位は、20代では「若者の就労支援政策」(30.2%)だったのに対し、30代では「ずっと独身でも安心して生活ができる政策」(36.9%)と、大きな差が生じた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中