貧困大国ニッポン! 原因は「終身雇用」と「年功序列」

印刷

   先日、長妻厚労相が政府として初めて、日本の貧困率を公表しました。結果は驚くべきもので、日本の(相対的)貧困率は、アメリカについで世界第2位というものです。

>>29歳の働く君へ・記事一覧

中高年が「もらい過ぎ」だから平均以下の人が多くなる

   なんと嘆かわしいことでしょう。かつての一億総中流国家はどこへ行ってしまったのでしょうか。格差も貧困もなく、みなが平等に幸せになれた時代を取り戻すために、我々は連帯して改革を進めなければなりません。

   ところで、格差の原因とは何でしょうか? 答えは、厚労省自身が出している統計を見れば一目瞭然です。なんと、大手の50代男性社員は、20代非正規雇用労働者の2.5倍は優に稼いでいるのです! 中間値以下の人間が多いはずですね(「賃金構造基本統計調査」H19より)。

   ちなみにイギリスは1.45倍、スウェーデンは1.27倍ですから、いかに日本の中高年が貰いすぎかよくわかります(「国際労働比較」2009)。同じ人間、ただ生まれた年が違うというだけで、これほどの格差を生み出すのだから、年功序列というのは本当に恐ろしいものですね。

   ついでにいうと、日本は企業規模による賃金格差も、男女間の賃金格差も先進国中最大の国です。理由は、大手の労使がタッグを組んで、中小の下請け企業や女性に負担を押し付けてきたためです。テレビ局と制作会社の関係などは典型ですね。

   要するに、格差の原因というのは、終身雇用と年功序列にあるわけです。まあとりあえず、格差の原因が分かったわけですから、若者自身はもちろん、貧困支援に熱心な左翼の皆さんも、一緒に雇用流動化に向けて努力しないといけませんね。

連合との「馴れ合い」でない「友愛」で格差是正を

   ところで、民主党や社民党、国民新党が選挙前、さんざん「小泉改革で格差が拡大した」なんて叫んでましたけど、同じ統計発表[PDF]では逆に格差縮小していることが明らかになっちゃいましたね。

   これ、どうするんでしょうか。長妻君はだんまりを決め込んでますけど。

   まあいいですよ。とりあえず民主党には、格差是正=労働市場の流動化に全力で取り組んで、小泉政権以上に格差を是正してもらいましょう。

   もちろん、いろいろ障害もあるでしょうけど、そういったものを乗り越えて進むことこそ『ゆうあい』でしょう。「連合がダメって言うからムリだよ」というのは、ただの『なれあい』ですよ、鳩山さん。

城 繁幸

>>29歳の働く君へ・記事一覧

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中