2019年 10月 20日 (日)

「お互いに高め合って毎日を乗り越えたい」 意外に熱い若者の「同僚観」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「いま、どんな人と一緒に働きたいですか?」――ライブドアブログの利用者にこんなお題を出したところ、120件を超える投稿がありました。「人の話を聞ける人」「論理的な思考ができる人」など具体的なポイントを突く答えもありましたが、意外にも包括的で熱い意見が多く寄せられました。

「この人とだったら多少辛くても」「あいつが頑張ってるから俺も」

   まずは、「今の職場に、これからも一緒に働きたい人がいる」という声から。

「ウチは今の職場の先輩となら、ずっと一緒に働いていたい。忙しい中、1年目のウチにもしっかり教えてくれるし相談のってくれるし叱ってくれるし、ウチの意見を聴いてくれて自分の意見を云ってくれる」(新月から満月へ)
「責任持って仕事してる人って尊敬できるし、頼りになるし、見習おうと思うし、応援したくなるし、かっこいい(*´Д`*)同じ課のO課長、Aさん、Sさんは特に尊敬してます!!だから、自分もそういう人になりたい」(ぐりno日記☆)

   周囲の人はよく見ているのですね。部下や後輩に尊敬されようと思わなくても、責任感を持って真摯に仕事に向かい合えば伝わるようです。「自分もそうなりたい」と思う人と一緒に働くことは、自分の成長にもつながり楽しいでしょう。

   また、グループのメンバーと、お互いに刺激しあいながら働きたいという人も。

「同じ価値観の人と刺激して高め合って毎日を乗り越えたい。そしてそのテンションを保ったまま、他の人たちの価値観を冷静に受け止められるようになって、組織の一員として踏ん張りたいと思う」(ガララの迷走記)
「この人とだったら、しんどくてもうまくやっていけそうって感じの人ね。あとは、この子の為なら、多少辛くてもいいかなって思える人かな」(【MIYABI】)
「以前の職場にメチャクチャ気合い入った男がいて、そいつと一緒に仕事した時はかなり楽しかった。お互いのやる気を引き出してる感じがして、俺の求めていた男の友情ってのを初めて感じられた。あいつが頑張ってるから俺も…!!」(倉木麻衣への思い)

   今の若い人たちは他人との関わりをしたがらない、なんて声も聞きます。しかし、多感な時期の多くの時間を過ごす職場で、切磋琢磨していろいろな経験を踏んで、人生を充実させたいというのが彼らの本音なのかもしれません。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中