2018年 7月 21日 (土)

ビジネスメールの「敬称」 ひらがなで「さま」は失礼か?

印刷

   いくら大事なお客様へのメールであっても「謹啓 時下ますます・・・」と始める人は、もういないだろう。文書に比べ、メールは簡潔な表現が歓迎され、カジュアルな表現が堅苦しくなくてよいとされる。しかし、どこまで崩してよいものなのだろうか。

「敬意」が落ちてしまうので漢字で書くのが無難?

相手や出す側のキャラクターにもよるだろうか
相手や出す側のキャラクターにもよるだろうか

   客先で名刺交換をした後に、会社に戻ると「○○さま 本日はお忙しいところ・・・」とメールをいただくことが増えた。その対応の速さには驚くが、会ったばかりの人にいきなり「さま」というのは、不快というわけではないが、やや違和感を感じないでもない。

   Q&Aサイトの「Yahoo!知恵袋」にも、社外宛には「さま」、社内宛には「どの」と、ひらがなで敬称をつけている人からの質問が掲載されている。質問者はビジネスメールでは漢字の「様」「殿」を使うべきと指摘をされたらしく、「本当ですか?」と尋ねている。

   この質問には、「指摘してくださった方のおっしゃる通り」という回答があった。ひらがなで表記すると、敬称の「敬意」がかなり落ちてしまうので「漢字で書くのが無難」ということだ。相手を特別に敬う必要がなくても、くだけ過ぎという印象を抱かせてしまうのは望ましくない。

ビジネスメールの「さま」はアリ?
貰いたくないし出しもしない
貰うのはいいが出さない
相手を慎重に選んで出す
出すのも貰うのも問題ない
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中