電車待ちで「携帯ゲーム」に熱中していると危険です

印刷

   先日、鉄道会社にお勤めの方と話す機会がありました。

   彼によれば、ここ最近、ケータイゲーム機でヒヤッとすることが増えてきているそうです。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

注意を呼びかける「アナウンス」も聞こえない

ホームには予想外の列車風が吹くことがある
ホームには予想外の列車風が吹くことがある
「駅のホームで、歩きながらケータイゲーム機で遊んでいる人が目につくようになってきたんです。しかも、ホームの端の方だったりする。駅員からすれば、ヒヤヒヤものです」

   列車がホームに入ってくる時など、予想外の列車風が吹くことがあります。

   列車風にあおられたり、引き込まれたりすると、近くの人とぶつかったり、悪くすれば線路に落ちてしまったりと、怪我や事故の原因になることがあるのです。

「もちろん、駅のアナウンスで注意を呼びかけるんですが、困るのは携帯音楽プレーヤーのイヤホンもしている人。アナウンスが聞こえていない可能性があるんですね」

目と耳は危険を察知する重要な「センサー」

   音楽をイヤホンで聴きながら、ゲームに熱中しているとなると、周囲の状況にまったく注意を払わずに歩いていることになります。これは危ないです。

   人間は、歩いている時、五感を使って周囲の情報を絶えずキャッチしています。危険を回避するためです。

   目と耳という、特に重要なセンサーが使えないとなると、危険を察知することがとても難しくなります。

   自分の身を守るため、他人に迷惑をかけないため、歩きながらのゲームはやめておきましょう。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中