2019年 11月 13日 (水)

「残業主義」の課長のせいで病気になりそうです!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   高度経済成長の時代には、モノを作れば売れたので、社員は寝る間を惜しんでモノを作り、働けば働くほど給料が上がりました。しかし経済成長率が低下した昨今では、ただひたすら働くだけでは売れなくなっています。ある会社では、世代間の「働き方」の認識にギャップが生じて、上司と部下との間に対立が出来てしまっているようです。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

他部署と比べて残業突出「俺が若かった頃は終電が常識」

   小売業の人事担当です。先日、第一営業部の社員から、相談のメールが来ました。「営業課長が帰りづらい雰囲気を出しているので、なかなか家に帰れません」という内容です。

   課長は常々、「俺が若かった頃は、終電で帰るのが常識。休日出勤だって当たり前にやってたんだぞ!」と誇らしげに言っているそうです。また、出勤すると、前日の夜遅くに業務の指示がメールで送られていることも。

「まるで、俺が遅くまでいるのに、何でお前らは早く帰ってるんだ、と言わんばかりです。みんな疲れています。このままでは病人が出てもおかしくありません。何とかして下さい」

   部の勤怠状況を調べたところ、10人の部員全員の月の残業が80時間を超えており、他の部署と比べても突出して多いことが分かりました。会社では残業削減の取り組みをしているので、課長の認識は会社の意図と逆行しています。

   ただし、この不況下で実績はなかなか上がらず、課長としては何が何でも売上目標を達成しようと焦りがあるようです。

   一方、部下の間では「休日出勤なんて、いつの時代の話? それだけ長時間働いて課長止まりかよ」「課長は家庭がうまくいってないから、家に帰りづらいらしいよ」と陰口を叩かれているようです。どのように手を打ったらよいのでしょうか。

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中