2018年 11月 21日 (水)

殴る、水をかける、投げつける!「破壊セラピー」でストレス解消

印刷

   不況が深刻さを増した2009年、思うようにならないストレスを溜め込んで年末を迎えた人も少なくないだろう。そんなストレスを「モノを破壊すること」などで発散し、スッキリと新年を迎えるためのサービスが人気を呼んでいる。

ビール瓶で上司をガシャーン『んだ~バカヤロウ』

頭上から大量の水がザバーと流れる(写真提供:んだ~バカヤロウ)
頭上から大量の水がザバーと流れる(写真提供:んだ~バカヤロウ)

   名古屋の代表的な歓楽街・栄。ここに今年9月、ストレス発散バー『んだ~バカヤロウ』がオープンし、忘年会などで人気を呼んでいるという。

   店の売りは「ストレス発散メニュー」。店の中央には、アクリル板で囲った「バカヤロウBOX」を設置。この中でアメ製の瓶で人の頭を殴る「ビール瓶割り」や、大量の水を頭からかぶせる「水かぶり」、大きな風船を膨らませるスリル満点の「バルーン割り」など、テレビ番組のコントや罰ゲームで使われるしかけが楽しめる。

   アメ製のビール瓶は1本3000円。このほか、罰ゲーム用のおでんや青汁、着替え用のTシャツやスウェットも販売している。バスタオルは無料。「ストレス発散メニュー」は、基本的には客同士で行うが、希望によっては店員が受けることもできる。

   上司を殴るなんて、とも思うが、ネット上では「ここで殴られる上司は人気者だと思うが」「上司と部下の関係が良好で初めて成立する遊びだね」という意見もあり、気兼ねなく殴り殴られる関係の方が意外に望ましいのかもしれない。

   オーナーの長谷川弘道さん(41歳)の本業は、水道工事会社の社長。この不況で売上が3分の1に減少し、自身もストレスをためていた。そこで仕事後に従業員とともに自作の「ビール瓶」で楽しんでいたところ、好評だったので開業を決めたという。定休日は日曜日だが、貸切の場合には店を開ける。「年末は30日まで予約でいっぱい。水をかぶって寒そうに帰る人もいるが、お客さんはたいがい大笑いをしてストレス解消をしてもらえる」と話す。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中