2019年 11月 21日 (木)

未経験の「営業会議の資料作成」を頼まれたら

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   仕事に慣れたつもりが、視点が足りていないために、期待されるレベルに達していなかった、ということが起こりうる。通信機器販社の営業部のPさんは、都内で新規開拓の営業に飛び回っているが、業績はそこそこ。仕事にやや飽きてきて、漠然と「何か新しいことやりたいな」と思う日々を過ごしている。

>>「稼げる人」の仕事術・記事一覧

「作ったことない」では済まされない

   ある日、Pさんは部長から呼び出され、営業会議での報告資料の作成を頼まれた。営業会議の取りまとめをしているベテラン主任が、急病で休んだらしい。でも、提案書や見積書を作る機会はあっても、社内会議の資料を作るのは初めてだ。

   「作った経験がないのですが」と切り返すと、「課長と相談して君に任せることにしたんだよ」という返事が。そこで、部長に作成する資料の具体的な内容を訊ねると、次のような資料を作って欲しいという。

●今月と来月の業績報告
●トピックスがあれば記入

   うん、これなら簡単だし出来そうだ。それに営業以外の仕事は新鮮だ、と考えたPさんは「了解しました」と返事をした。部長は「じゃ、あとは頼んだよ。完成したら、会議の事務局に提出しておいてくれ」と言い残して、別の会議に出て行った。

   部長はPさんの資料を、ノーチェックで会議に提出するつもりのようだ。不安がよぎるが、会議まであと2時間。まずは管理担当に実績数値をもらって集計表を作成。営業課長たちに「先月、課で何かありましたか」と聞いて回って、トピックス欄に記入。チェックも完了だ。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
稼げる人、稼げない人 (PHPビジネス新書)稼げる人、稼げない人 (PHPビジネス新書)

PHP研究所 2009-10-17
売り上げランキング : 27524
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中