「社内恋愛が活発そう」1位は「美男美女が多い」アパレル業界

印刷

   「出会いが少なすぎる・・・」。そんな悩みを持ちながらも、毎日夜遅くまで一生懸命働いているビジネスパーソンは多いだろう。特に男性ばかりの職場で働く男性から見ると、女性の多い業界はうらやましい限りだ。

デパートでは「店舗同士で飲み会・合コン」

アンケート結果は「他の業界から見たイメージ」だが実態はどうなのか
アンケート結果は「他の業界から見たイメージ」だが実態はどうなのか

   毎日コミュニケーションズが運営する20代社会人向けサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」は2010年1月8日、「社内恋愛が活発そうな業界ランキング」を発表した。回答者は20代男女のCOBS ONLINE会員で、男性263人、女性694人。

   それによると、「社内恋愛が活発そうな業界は?」と聞いたところ、男女ともに1位は「アパレル業界」だった。「おしゃれな美男美女が多そう」「価値観の合う人が集まっていそう」など、業界の華やかさと、ファッション好きという共通点があることが理由に挙げられている。

   精密機器会社で営業職として働く29歳男性は、「アパレル業界は職場に女性が多そうなので」と理由を挙げている。確かに職場に女性が少なければ、社内恋愛を活発にすることは無理だ。

   デパートで男性ブランドの店員として働いた経験のあるAさんは、店員同士で恋愛している人は確かに少なくなかったと話す。

「違う店舗の店員同士だったので、社内というよりかは職場恋愛ですけど。なにしろ若い同年代が多いですからね。休憩時間に他の店を覗いて、話しかけたりして仲良くなっていました。店舗同士で飲み会をしたり、レディースのフロアとメンズのフロアで合コンしたりもしました」

学校では「教師同士」や「教え子」と恋愛か?

   女性の2位は「マスコミ業界」で、男性でも3位に。コメントには「広告・出版の会社に就職していたとき、部署内すべての独身男性が社内恋愛中だった」という体験談も。「忙しくて家に帰れないイメージ。そのまま職場で恋愛してそう」と推測する声もあったが、家に帰れないからといって職場恋愛が活発になるわけでもない。

   男性の2位は、パチンコやゲームセンター、カラオケ、ボウリング場などの「アミューズメント業界」。「にぎやかな環境で働いているので、恋愛している人が多そう」というのが理由のようだ。

   女性の3位は「学校」だった。「教師は、同じ教師か教え子くらいしか出会いがないと聞いたことがある」という声があったが、異性との出会いの少ない職場で働くビジネスパーソンからすれば、「教師が職場で教え子に手を出すのは反則だ!」という声も聞こえてきそうな気がする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中