「やりたい仕事」と「求められる仕事」にギャップ・・・埋めるためには?

印刷

   こんにちは。カピィのフジモト&オオハシです。

   今回もフリーランス女性からの質問にお答えします!

Q:フリーランスでWEBデザイナーをしています。クライアントは制作会社が多く、下請けの仕事がほとんど。仕事の引き合いは多くてありがたいのですが、ジャンルがあまりにもバラバラで、なんでもアリの状態です。
   本当は自分の好きな分野(私の場合、食べることが好きなのでグルメ系など)を極めたいのですが、どうすればよいでしょうか?

>>フリーランスの女・記事一覧

自ら「情報発信」して仕事を引き寄せる!

趣味で続けていたブログが思わぬ仕事につながったケースもある
趣味で続けていたブログが思わぬ仕事につながったケースもある

A:こんな不況下でも仕事がたくさんある・・・何よりじゃないですか! でも、同じ仕事をするなら、得意分野を持ちたい。さらにそれが自分の好きなことや興味のあることにつながっていれば最高!というお話ですよね。

   こんな例があります。ある女性デザイナーさんは、日々ブログで趣味のスポーツについて書いていました。するとある日、見知らぬ編集者からメールが届き、アウトドア雑誌の仕事が舞い込んだそうです。

   デザインの実績をアピールしていたわけでもなく、面識もない自分になぜ?と話を聞いたところ、

「ネットでデザイナーを探していたら、ブログに辿りついたんです。読んでみると、趣味を楽しむアクティブな感じが伝わってきて、そのイメージが誌面にマッチしそうだなと。ブログでなんとなく人柄も想像できたし、話もスムーズな予感がして・・・」

との返事。デザインとは全く関係ない趣味が、こんなふうにチャンスを広げてくれることもあるんですね。

   専門知識や文章力がなくても情報発信はできます。形から入ったり、義務感で始めてしまうと、続けるのが辛くなることもあるので、無理なく自分に合った方法を探すことから始めましょう。

   ブログでゆるりとグルメ日記を展開するもよし、独自の視点でお店紹介を発表するもよし。形はなんでもOK。「この人、本当に食べることが好きなんだなあ=この人なら親身になって考えてくれそう」と伝わることが一番重要だと思います。心から楽しんでいる様子が伝われば、印象は深まるのではないでしょうか。

声をかけられやすい「仕組み」と「実績づくり」

   次は、あるWEBデザイナーさんの例です。その方は自らの女性視点を活かし、“スタイリッシュなキャリア女性向けのデザイン”を売り出したいと考えました。ただ、独立したてで実績がない。今あるレギュラーはおカタイ企業の案件のみ・・・。そこで彼女は、レギュラー案件と並行で“女性向けサイトのお試し案件”を募集することにしたそうです。

   これは、格安でデザイン制作するかわりに、「制作実績」として紹介させもらうというもの。ポイントは毎月先着3件という限定枠と、アピール効果の高そうな分野に絞った点。たくさん引き受けすぎるとレギュラーに支障をきたすし、一つ一つのクオリティが低くなるので、バランスが重要でした。現状の仕事を確保しながら、やりたい分野の仕事を効率よく経験する。そんなふうにバランスを見極めながら実績を積んでいったそうです。

   最終的に彼女は、実績をたくさん作ることができ、今ではお試し案件がなくても、コンスタントに発注が入るようになったとか。

   このように、いきなりこの状態に持ってくるのは難しいかもしれませんが、少しずつ「求められる仕事とやりたい仕事」の割合を変えていくことなら、工夫次第で簡単にできると思います。ぜひ楽しんでチャレンジしてみてくださいね!

フジモト&オオハシ


★ブランディングに悩むフリーランスの方に耳寄り情報!★


自分ブランドをつくりたいフリーランス必見!
『小さな会社のブランド戦略』の村尾隆介さんが教える
日本一たのしいブランディングワークショップ

「起業だ」「経営だ」と肩ひじ張らずに、はじめから「ブランド」を創れば上手くいく! そんなメッセージがクチコミで広がり、大人気ロングセラーとなった『小さな会社のブランド戦略』(PHP研究所)。《ビジネスブックマラソン大賞》にも選ばれた本の著者が、起業を考えている方や、「もう二段階くらい上に行きたい」と考えているフリーランスの方、また「強いわけでも、大きいわけでもなく、愛される事業をつくりたい」と考えているマネージャーの方を対象に、2010年2月16日(火)より隔週火曜日、全6回のブランドづくりのワークショップを開催します。

詳細はこちら。http://www.aoyamabc.co.jp/20/20_200912/20102166.html

>>フリーランスの女・記事一覧

元同僚の女性プランナー2人がフリーランスを経て、2006年に企画制作会社カピィを設立。「女性とライフスタイル」をテーマに、商品企画や販促ツールの制作、女性向けクルマ情報サイト「CarTime」の運営などを行っている。渋谷でフリーランス女性のランチ会を毎月開催、mixiのコミュニティ「フリーランスの女」に500人以上を集める。腕一本で仕事するユニークな女性たちのネットワークを駆使し、日々さまざまなプロジェクトに奔走中。
小さな会社のブランド戦略小さな会社のブランド戦略

PHP研究所 2008-12-10
売り上げランキング : 19793
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中