2019年 10月 17日 (木)

【世界一蹴】NHKに出演します!ラテン系美女と南米チリの旅

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   “人生の休暇”を1年もらって世界を旅するアシシです。「世界一蹴の旅」は、W杯アジア最終予選突破の瞬間を現地で味わうため日本からウズベキスタンに出発した2009年6月1日を「旅立ち」とし、W杯閉幕数日後の2010年7月15日を「旅の終わり」としている。

>>「世界一蹴の旅 ~ワールドカップ出場32ヶ国周遊~」・記事一覧

新年の「特ダネ!投稿DO画」に出演

カメルーンの大手日刊紙「le jour」にデビューしたアシシ(左)とヨモケン
カメルーンの大手日刊紙「le jour」にデビューしたアシシ(左)とヨモケン

   累計410日に及ぶ長旅だが、気づいてみれば200日を超え、昨年の12月22日には「折り返し地点」となる205日を迎えた。最終目的地のはずのW杯本戦の地、南アフリカには、すでにコンフェデ杯や親善試合などの観戦で、のべ28日も滞在している。

「これだけ旅を続けているのに、まだハーフタイムなの!?」

というのが今の正直な気持ちだ。W杯の本戦が早く始まって欲しい――。とは言っても、ノルマとしている出場国32カ国の完全踏破には、あと13カ国も残しており、着実に歩みを進めなくてはならない。

   この連載や自分のブログで情報発信を続けているうちに、いろいろなメディアで取り上げてもらえるようになった。カメルーンの新聞に写真入りで掲載されたり、憧れの中田英寿氏のオフィシャルサイト「nakata.net」にも声をかけていただき、「なぜ僕らはW杯出場32カ国踏破を目指すのか?」というコラムを寄稿させてもらったりした。

   新年の1月8日にはNHK総合「特ダネ!投稿DO画」でYouTubeに上げた動画が紹介され、さらに1月18日のNHK総合「おはよう日本」、1月24日のNHK BS1「地球アゴラ」への出演も決定した。個人的な思い付きから始まったこのおバカな試みが、いつの間にかインターネットの世界を飛び越え、マスメディアを巻き込んで反響を呼んでいることに驚いている。

1年間仕事を休めるとしたら何をしますか?
趣味に打ち込む
本を読み漁る
旅に出る
何もせずぼんやりと
やっぱり仕事をしたい
サッカー日本代表が出場する国際大会に毎年参加するコアサポーター(写真左)。本名、村上敦伺(あつし)。1977年生まれ、札幌市出身。職業はフリーランスの経営コンサルタント。元同僚の四方健太郎(写真右)とともにサッカー南アW杯出場32か国を2年間かけて訪問し、『世界一蹴の旅』(双葉社刊)を上梓。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。ツイッター @4JPN
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記
世界一蹴の旅 サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記村上 敦伺 四方 健太郎

双葉社 2010-06-02
売り上げランキング : 1289

おすすめ平均 star
starW杯を32倍楽しむために!!
starW杯を楽しもう
star旅行に行きたくなる本でした。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中