50がらみのボスがハマった「ツイッター」

印刷

   広告などのコピーライティングを請け負う事務所に務めるA子さん。事務所の代表者は「それ」と知られた人で、A子さんにとってみれば念願かなって移籍してきた「憧れの職場」です。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

取引先への対応をツイッターで「指示」

   ところが、最近になって困ったことがあるのだとか。

「ケータイから投稿できるようになって以来、アラフィフ(アラウンド・フィフティ。50歳前後)のボスがツイッターにハマっちゃって。酷い時なんて、一日まるごとケータイ片手にツイッターをやってるんですよ。一度なんて徹夜っぽかったこともあったから、下手すると24時間とかやってるかも」

   とりわけ、この年末年始はA子さんら「弟子」たちに、仕事を任せっきりの有様だといいます。

「最初は自分の腕やセンスをストレートに試したり、反映させたりできると張り切ったんです。でも、そのうち、『オレは年末年始で忙しいから、A子一人で打ち合わせ行ってきて。大丈夫、ちゃんと遠隔操作してやるから』なんて言い出すようになっちゃって。ホントに困ってるんですよね」

   ボスの言う遠隔操作とは、もちろん「ツイッター」。

   クレームや条件変更など、取引先からの要望をツイッターにその都度書き込めば、すぐにボスがフォローというかたちで指示を出す、というカラクリです。


   で、A子さん、実際にやったそうです。

新しいカタチのようで「ものすごくマヌケな感じ」

「お客さんの前で、『すみません、いますぐボスに相談します』などと言ってツイッターに書き込み、しばらくして『こうすればどうか、と言ってます』とか言うのって、ものすごくマヌケな感じなんですよ」

   このときは、取引先も面白がってくれたから良かったものの、味をしめてまたやらされてはたまらないと、A子さんは文句を言いました。

「私が間にいる意味って、ないじゃないですか。二度手間ですし。原稿も短いんだし、ご自分でお客さんとツイッター上でやりとりすればいいんじゃないですか、って」

   ボスは、「それ、ナイスアイデア!」と大喜び。ツイッター中毒にさらに拍車がかかりそうな勢いなのだそうです。

「私たちって、コミュニケーションを仕事にしてるわけじゃないですか。コミュニケーションって、やっぱり直接対面して、センスや情熱をぶつけるってことだと思うんです。ツイッターという仮想空間で仕事って、なんか違う気がするんですよね」

   A子さんは、自分でも余計なことを言ってしまった、と少し後悔しています。ツイッターで商談。新しいカタチなのか、避けられない歴史の流れなのか、ものぐさなのか。


   どうなんでしょうね?

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中