2019年 11月 23日 (土)

自民党に見る「組織崩壊のプロセス」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   最近、自民党から腐臭が立ち上ってくる。「腐臭なんて昔からしてただろう」と言われそうだが、政治とカネ云々ではなくて、組織自体が末期的という意味だ。そういう意味では「死臭」と言うべきかもしれない。

>>29歳の働く君へ・記事一覧

自民党も「年功序列」色の強い組織だった

   だいたい、以下のような現象が外から見ても目につくようになると、その組織は崩壊過程に入っているものだ。


1.若手~中堅が勝手に動き出す

   定年制厳守を求め、一部の若手議員を中心に署名活動が行われるなど、各自が派閥を離れて独自の動きを見せている。特に河野グループは公然と上層部を批判し、代表選でも善戦するなど鼻息は荒い。

2.ベテランの引退

   津島雄二、鈴木恒夫、笹川尭など、閣僚経験のあるベテラン議員の引退も続いている。

3.キーパーソンの流出

   渡辺喜美だけでなく、与謝野馨や舛添要一までが新党立ち上げを示唆するなど、もはや分裂状態といっていい。


   こういった現象は、すべて報酬システムで説明可能だ。党が拡大路線であれば、黙って上層部に従っていればポストも貰えたが、こういう状況では黙っていてもメリットなど何もない。もう十分元をとったと考えるベテランは、ここから挽回する苦労を考えれば引退した方がメリットが大きい。そして、こういった状況が見えている肉食系の人間は、座して待つより打って出る。

   もともと「当選5回で大臣ポスト」といった具合に、自民党はきわめて年功序列色の強い組織だった。具体的な人事の運用は派閥レベルで行われていたが、これは大企業も全く同じだ。

   「新事業部の事業部長ポストは営業部門から」「いやいや、ここは管理部門でしょう」なんて綱引きは、どこだってやっている。要するに派閥の論理というのは、本質的には年功序列の論理ということだ。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)
世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)
おすすめ平均
stars挑発的、オリジナリティに欠ける
starsボケ自民の劣悪さがあらわに。
stars世論調査と実際の動向の差異が良く分かる
stars麻生の曲解?
stars我々一般人より政治家にこそ読んでほしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中