2018年 8月 15日 (水)

「ヘッドハンターとしても活躍しそう」 野村克也氏と勝間和代氏

印刷

   有料会員制求人サイトを運営するビズリーチは2010年2月3日、「転職代理人(ヘッドハンター)として活躍しそうな有名人」のアンケート結果を発表した。回答者は、ビジネスマン会員(平均年収1228万円)911人。

男性の2位は司会・プロデュースの島田紳助氏

人材の強みを見抜き強力に売り込んでくれるヘッドハンターは頼もしい
人材の強みを見抜き強力に売り込んでくれるヘッドハンターは頼もしい

   それによると、ヘッドハンターとして活躍しそうな有名人は、男性では楽天イーグルス前監督の野村克也氏が1位となった。回答者からは、

「人の本質的な価値や能力、強みを見抜くのがうまそう」
「企業を分析して、人材ニーズを適材適所に掴みながらアドバイスしてくれそう」
「自然体で直言してくれそう」

という評価を受けた。伸び悩む選手をトレードで獲得し、起用法を変えて復活させつつチームを勝利に導いた“野村再生工場”と呼ばれた手腕は、ビジネスにも使えるかもしれない。

   女性では、経済評論家の勝間和代氏が1位に。「人の強みや付加価値を引き出してくれそう」「キャリアについて論理的な分析をした回答をくれそう」「自身の転職経験を生かしたアドバイスをしてくれそう」というコメントが寄せられている。

   男性の2位は、テレビ番組のプロデュースもする島田紳助氏。「弁が立つ優秀なセールスマンになってくれそう」「士気を鼓舞するトークもうまそう」という評だ。次いで橋下徹・大阪府知事、中田英寿氏、イチロー氏と続いた。

   女性の2位は参議院議員の蓮舫氏。事業仕分けの印象からか「長所も短所もズバッとストレートに伝えてくれそう」「はっきりとしていて方向性を導いてくれそう」と評価された。高収入の人たちは、きついダメ出しをしてもらいたい人が多いのだろうか。女性の3位以降にも和田アキコ氏、天海祐希氏、小谷真生子氏と、きつそうなイメージの女性が並んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中