「流行に敏感なら稼げる」というわけでもない

印刷

   最近は職場で、Twitter(ツイッター)など流行のビジネスツールを使いこなしているビジネスパーソンがたくさんいます。また、そうしたビジネスツールのハウツー書は、勝間和代さんのような人気著者の執筆で、書店に山のように並ぶようになりました。そんなビジネス書を購入して、「できる人は流行に敏感である」と決め付けて、使いこなすために頑張っているのでしょう。

>>「稼げる人」の仕事術・記事一覧

仕事の本質からかけ離れている人も多い

   先日参加した講演会は、会場からの質問をツイッターで即時受け付けるスタイルで実施されていました。ゲストは「レバレッジ・リーディング」で有名になった本田直行さんでしたが、

「本田さんが好きな座右の銘は何ですか」

などと、直接手を挙げて聞けばいいのにと思える内容も、自分の携帯からツイッターに書き込んで質問をしている参加者がたくさんいました。私もツイッターは使っていますが、使っていない人は何となく取り残されている感じがするだろうと思える出来事でした。

   講演終了後に参加者の数名に、ツイッターを使っている理由をインタビューしたところ、

「ビジネスツールを人より早く使いこなしていると優越感を感じる」

と話してくれました。確かに、目新しいことを知っている、使っているのは気持ちのいいものです。

   ところで、こうした流行に敏感であることが、仕事で稼げる人につながるかと言えば、必ずしもそうではありません。場合によっては流行に振り回されて、仕事の本質を見失っている人もいます。

編集長に叱られたラーメンブロガー

   私の知人で出版社に勤めるAさんは、ブログを毎日更新、ツイッターも日々10回くらいつぶやいています。さらにSNSの書き込みと、本業である編集作業の合間どころか、「ブログを書く合間に編集作業やっている感じ」と本末転倒な状態になっていました。

   さらに、書いている内容が本業からかけ離れた趣味のラーメン日記が中心になってしまい、昨日食べた「つけ麺」の写真をオフィスで時間をかけて探すという状態に。元々は仕事のトピックスを書いていたようですが、毎日更新しようとしたところ、ネタ不足に陥り、毎日のように食べているラーメンが日記をにぎわすようになってしまったのが実態のようです。

   本業と関係ない作業に没頭する様子に気づいた上司は、Aさんを呼びつけて、

「うちはグルメ出版社ではない。ラーメン記事が書きたいなら転職しなさい」

と、きついお灸をすえました。Aさんも大いに反省したようです。

ツールを使う「時間帯」と「テーマ」を決める

   さてこのように、流行のツールは使い方によっては仕事を効果的に改善しますが、目的なき利用にこだわると逆効果になります。ところが、最近は使いこなすことが大事と勘違いして、ビジネスツールに夢中になりすぎる人がいます。

   大切ことは、自分にプラスになる目的が明確にあって、ビジネスツールを使いこなすことです。しかし、本業に支障をきたすことになるなら、使い方を考え直した方がいいでしょう。

   Aさんであれば、ラーメンの記事は週末に「気晴らし」の範囲と限定するか、平日の仕事中に使いこなしたいなら「担当雑誌の宣伝」「取材先の募集」など本業につなげる意図を明確にして使うべきです。そのためには、ビジネスツールを使う

①時間帯(仕事の時間か/プライベートか)
②テーマ(仕事について/趣味について)

を仕切ることが大切です。

   目新しいビジネスツールは、使い始めると夢中になる傾向があります。特に最近のツイッターやブログなどは、個人からの反響が直接あるので夢中になりやすいのです。勘違いして「読者が見ているから更新しないといけない」と、睡眠時間を削ったり、異常なほどに時間を費やす人もいます。

   ここではまり過ぎないように、リアルな仕事や趣味があくまでメインになるようにクールダウンしてください。ビジネスツールは便利で楽しいですが、はまりすぎて成功した人はいません。熱中しすぎたと感じたときには、

「ツイッターを使っている目的は何だったっけ?」

と問いただしてみてください。もちろん適度に使いこなせば、ビジネスツールは稼げる人になる効果的な武器になるのは間違いありません。

高城幸司

>>「稼げる人」の仕事術・記事一覧

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
新しい管理職のルール―課長昇進。今日から自分を守りなさい!
新しい管理職のルール―課長昇進。今日から自分を守りなさい!
ダイヤモンド社 2010-01-09
売り上げランキング : 866

おすすめ平均 star
star若手も読んだらいいと思う
star最新の管理職の教科書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中