新入社員の不安のタネは「上司・先輩」との付き合い

印刷

   ソフトバンク・ヒューマンキャピタルは2010年3月25日、運営する転職サイト「イーキャリア」を通じて実施した「新社会人の意識調査」の結果を発表した。回答者は、この春就職する21歳~25歳の男女、計400人。

嫌な上司に遭遇したら「心の中で拝め」

いろいろあっても会社にいるうちは上司を優先しなければならないのがルール
いろいろあっても会社にいるうちは上司を優先しなければならないのがルール

   それによると、入社にあたって最も不安なことは「先輩・上司とのコミュニケーション」で50.0%(単一回答)でダントツの1位。男女別では女性(53.8%)の方がより不安を感じている。

   また、仕事に求めていること(複数回答)は、男性では「やりがい」、女性では「働きやすい環境」がトップだった。女性は、余計なストレスなく働ける環境がモチベーションの向上につながるようだ。

   一昔前とはだいぶ変わったとはいえ、やはり会社は男性社会のところが多い。昭和入社のベテラン会社員と入社したての若い女性では、感覚もだいぶ違うだろう。掲示板のミクルには、会社の上司や先輩に泣かされた体験が書き込まれている。

   入社2年目の女性が、上司に職場の相談を持ちかけた。年配の同僚の仕事がいいかげんで、文句ばかり言い、弱いものイジメばかりするためだ。すると上司は話を中断し、「飲みに行くぞ」と言って人を集めた。

   何かアドバイスをもらえるのかと待っていると、上司は酔っ払いながら先輩社員とともに、

「お前には我慢が足りない!」
「コミュニケーションがとれてない!」
「お前が彼をハブ(仲間外れ)にしてる!」
「調子に乗るな!」

と攻撃してきたのだそう。女性は、一方的に罵倒されるのが悔しくなり、同期や後輩もいる場で号泣してしまったという。

   新人を不安にさせるエピソードだが、こういう事態への対処法としては、相手を変えようと思っても難しいもの。正面から戦わず、「はいはい、わかりました」と受け流したり、黙々と仕事をこなして力をつけたりすることで、相手の態度が変わることがある。

   その職場で出来うる経験を積んで、タイミングを見て環境のよい会社に転職するのが理想だが、家庭の事情などから許されない人もいる。そんな逃げ場のない人には、ネット上で見かけたこんな言葉が参考になるだろうか。

「お金持ちで人間的にも優れた人が言っていたが、嫌な人に遭遇したら『勉強させてもらいました。もう十分です、ありがとう』と、心の中で拝むんだと。すると不思議、嫌な奴が後腐れなく去っていく、関わらなくなるらしい」
できコツ “凡人”が“できるヤツ”と思い込まれる50の行動戦略
できコツ “凡人”が“できるヤツ”と思い込まれる50の行動戦略
おすすめ平均
stars読みやすく、かつ奥深い一冊
stars想像を創造に変える社長
stars成長したい人にはオススメです
stars新社会人
stars気づいたら仕事が楽しくなっている!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中