2019年 7月 18日 (木)

なぜJTBは「就職人気ランキング1位」なのか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   リクルートは2010年4月7日、「就職志望企業ランキング」を発表した。回答者は11年3月卒予定の大学生・大学院生1万4685人。それによると、大学生の「働きたい企業」総合ランキングでは、JTBグループが1位を獲得した。

メディアへの露出の多さが勝因との見方も

旅行業界は新しい成長分野を見出せるか
旅行業界は新しい成長分野を見出せるか

   同グループは2010年から「地域ごと採用」が「合同採用」となり、集計方法が変わったことでランク外から首位に躍り出た。毎日コミュニケーションズの「大学生の就職人気ランキング」でも、ここ10年で9回も1位となっている。学生人気は根強い。

   キャリア教育プロデューサーの新田龍氏は、この理由を「学生との接点の多さ」に見る。

「JTBはメディアへの露出が多いですね。採用広告に力を入れ、会社説明会なども積極的に開いて学生と接する機会を多く設けたことが功を奏していると思います」

   学生の親も、会社の安定性や公共性に好印象を抱いているという。また、募集人員が多いことも影響しているようだ。

「グループ全体で200社あり、全国展開もしているので求人数が多く、競争率が低く入りやすそうに見えるのでしょう。出身地での就職を希望する人も多いようです」

   JTBでは、多くの会社で採用を見送っている一般職での募集もある。女子学生で2位に大差をつけてダントツ1位なのは、そういう理由かもしれない。

   ただ、若者の旅行離れや、旅行単価の下落など、業界には逆風が吹いているとも報じられている。ネット上には、ランキングに首を傾げる意見が見られた。

「旅行会社なんて、この先の鳩山大不況で真っ先に経営難に陥りそうだが」
「いまどきの学生さんは経済ニュース読まないのかなあ」
今後、日本ではどういう道が有望でしょうか?
独立して自分の会社を持つ
成長分野のベンチャーで働く
大企業を内部から変える
責任を負わずに勤める
働いたら負けでしょう
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
人生を無駄にしない会社の選び方
人生を無駄にしない会社の選び方
おすすめ平均
starsブラック企業の実態
stars良書です
stars仕事と人生の価値観を知らせてくれる1冊です
stars友人複数名にプレゼントしたい
starsブラック企業を知るためのガイドブック

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中