老後が不安なサラリーマン 敵は「味覚のクセ」にあり

印刷

   現役サラリーマンを対象とした調査によると、自分の退職後の生活は「今の高齢者の生活よりも悪化する」と考えている人が70%に上るという。老後の不安を少しでも減らすために、いまからできることは何だろうか。

「しょっぱい食事」が寝たきりを招く?

塩分が健康に悪い影響を与えると自覚する高血圧患者は過半数(出典:「塩分と高血圧に関する意識」調査)
塩分が健康に悪い影響を与えると自覚する高血圧患者は過半数(出典:「塩分と高血圧に関する意識」調査)

   この調査結果は、フィデリティ投信がサラリーマン約1万人に聞いたアンケート。退職後の生活でもっとも心配なのは「生活費が足りなくなること」(57.8%)で、最大の支出は「医療費」(67.7%)と予想している。2位の「食費」(31.7%)の倍以上だ。

   老後の備えに十分な貯蓄があればよいが、不況下では多くを望めない。とすると重要になるのが健康管理で、特に寝たきりは避けたいところだ。

   厚生労働省「国民生活基礎調査」(2002年)によると、寝たきりの原因のトップは「脳血管障害」(36.6%)で、2位の「高齢による衰弱」(13.5%)や3位の「骨折・転倒」(11.8%)を大きく上回る。

   脳血管障害とは、脳の血管がつまったり、破れて出血したりすることで起きる。なかでも脳出血は、高血圧によるものが多い。日本人の約4,000万人が「高血圧」ともいわれるが、日本高血圧協会の荒川規矩男理事長によると、血圧を下げるには「食事中の塩分を減らすことが早道」という。

「健康的なイメージのある和食ですが、塩分という点から見ると実は多め。日本人の男性は1日あたり平均約12グラム、女性では約10グラムの塩分を摂取しており、アメリカやイギリスなどが掲げる6グラム未満という目標を大きく超えています」

   確かに伝統的な和食には、みそやしょうゆ、梅干や漬物、魚の干物や塩焼きなど、塩分の多いものが目立つ。

   とはいえ、食事を急に薄味に変えることは簡単ではないようだ。「塩分と高血圧に関する意識」の調査レポートによると、高血圧の患者であっても「食事の減塩が不十分」と自覚している人が3割もいる。理由は「塩味が好きで、おいしく食べたいから」がトップだ。

少ない塩分でおいしく食べる方法もある

   つまり「味覚の悪いクセ」ができてしまうと、高齢になって血圧が高くなっても食事制限がしにくくなる。それでは、具体的にどんな点に気をつければよいのか。前述の荒川会長は、若いころから塩分の薄い食事に慣れておくべきという。

   塩分が強いのは和食だけではなく、インスタント食品にもいえることだ。代表的なカップラーメンのナトリウム量は約2グラムで、食塩相当では5グラム以上。表示される「ナトリウム」の量を食塩に換算するには、2.54を掛けなければならない。汁を全部飲んではいけない所以だ。

   また、家庭料理には塩分を減らしてもおいしい調理方法があるとアドバイスする。

「ダシをきかせてしょうゆを減らしたり、酸っぱさや辛さでカバーしたりすることも考えられます。ハーブやスパイス、香味野菜の香りをつけると、少ない塩でもおいしく食べられます」

   食事から摂取する塩分を減らすと同時に、「運動」の習慣を作ることも重要だという。血圧安定に有効なのは、有酸素運動。特にウォーキングやサイクリング、水泳、エアロビクスがよい。

   貯蓄や投資の知識も大切だが、お金がいくらあっても健康でなくては何もならない。老後の不安軽減には、若いころから「味覚」と「運動」のよい習慣をつけておくことも大事。賢いサラリーマンなら押さえておきたい知識だ。

FOOD & COOKING DATA 塩分早わかり―食品の塩分が一目でわかる
FOOD & COOKING DATA 塩分早わかり―食品の塩分が一目でわかる女子栄養大学出版部

おすすめ平均
starsメタボ、高血圧・心臓病対策の参考に
starsへえ、そんなに塩分が多かったのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中