「ワンセグでNHK受信料」は闇討ちだ

印刷

   5月26日付けの東京新聞に、興味深い記事が掲載されていました。

   住居にテレビがない場合、ぜんぜん視聴しなくてもワンセグ機能がついているケータイを持っていたなら、NHKの受信料を払わなくてはいけないという内容です。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

ユーザーが機能選べる仕組みがないとおかしい

「ワンセグいらない」という人も多い
「ワンセグいらない」という人も多い

   記事によれば、現在流通しているケータイの8割にワンセグ機能が搭載されているが、テレビが住居にない人(=世帯。一人暮らしや単身赴任を含む)はNHKへの受信料の支払いが必要という告知は、端末の販売現場ではほとんどされていないそうです。

   これでは、言葉は悪いですが、「闇討ちに遭った」という気分になる人が出てくるのも仕方ないでしょう。

   では、ワンセグはどれほど視られているのでしょう?

   周囲の人たちに訊ねてみたところ、3分の2が「ほとんど」「あまり」視ないでした。

   3分の1は、ドラマなど視たい番組があるので、通勤途中に視たりすると言います。

   視ない人のなかで多かったのが、ゲームをしている人たち。もちろん、iPhoneユーザーは、ツイッターを含むウェブブラウジング派が圧倒的でした。

   これだけで、ケータイに付加されるワンセグの是非を論じるつもりは毛頭ありません。

   でも、将来的にはiPadなどのタブレットPCでも、ネット経由でテレビの視聴ができるようになるでしょう。

   無用の混乱を避けるためにも、住居にテレビがない場合は、ワンセグ付きケータイを持つとNHKの受信料が発生するという告知を徹底することが不可欠です。

   また、端末を買い換える際、ワンセグ機能を付けるかどうかユーザーが選べるような仕組みにしてほしいと思います。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

いちばんいらないケータイの機能、どれ?
ワンセグ
着うた
おサイフケータイ
カメラ
通話
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中