2020年 2月 29日 (土)

あのSF映画が現実に? iPadどう使う

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   このところ、友人、知人との間で必ず話題になるのが、iPad。

   何に使うのか、電子書籍は主流になるのかなど、話のタネは尽きません。

   4月のアメリカでの発売直後に、現地でいち早く触ってきたIT関係者が、当時を振り返ってこう語ります。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

アメリカ人もまだ悩んでいる

「いきなりデカくなったiPhone、って感じがした。一緒にいたアメリカ人は『スタートレックで、ミスター・スポックがこんなの持ってなかったっけ』って言ってた(笑)」

   たしかに、SF映画が現実になった、という良いワクワク感は、かなりあります。

「で、何に使う?となってね。リビングでゲーム、ベッドルームでメール、カフェで電子書籍などなど出てきて、最後に別のアメリカ人IT関係者が、『オフィスに飾るフォトフレーム!』って(笑)」

   そんなのソニーが出してんじゃん、と最後は笑い話になったそうですが、当のアメリカ人ですら、使い方があまり想像できない様子がうかがい知れます。

   とはいえ、発売して1カ月足らずで100万台に達したと聞くと、これから主流になっていく気配もあります。

   ITやネット関係のマシンやコンテンツは、ユーザーが開発者も想定していなかった使い方を考え出し、流行ったり定着していったという歴史もあります。

「100万という数字は、アメリカにいる弁護士の数と同じなんだよね」

   そう話すのは、別のIT関係者。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中