輝いていた彼はどこへ? 「残業マスター」の悲劇

印刷

   昔々、僕がまだ20代前半の頃。先輩に、

「俺は一番最後まで職場に残ることをノルマとしている」

とことあるごとに豪語する人がいて、絶対こいつと同じ職場はイヤだなと思ってはいたものの、まあ社会人としてそれはそれで一つの立派な生き方なのかなと思い、敬意を表して「残業マスター」と呼んでいた。確かに、会社内でもそこそこ評価されていたように思う。

>>29歳の働く君へ・記事一覧

「仕事の質」への意識が弱くなる日本型雇用

   ところが10年経ってみると、残業マスターはどこからどう見ても普通のおじさんになっていて驚いた。むしろその人だけ全然進歩していないから、相対的に人材価値は下がっていると思われる。

   いったい、かつて(ちょこっとだけど)輝いていた彼はどこへ消えてしまったのか。

   とはいえ、こうなってしまった理由そのものははっきりしている。仕事の量だけを意識するあまり、恐らく一度として「仕事の質」といった点を考慮していなかったことが原因だ。

「一銭でも安く、一個でも多く作るべし」

だけで国際競争を勝ち抜けた高度成長期ならともかく、iPadとキンドルが空中戦やってる時代に、こういう人材はあまりにも痛すぎる(しかも一応大手IT企業である)。

   要するに、発想が「時給いくら×労働時間=お給料」であり、労働時間を増やすというインセンティブはあっても、時給を引き上げるという発想が欠落しているわけだ。

   なぜそうなってしまうのか。それは日本型雇用にあるのは言うまでもない。

   勤続年数に比例して時給が上がっていく組織では、どうしてもその部分を工夫によって引き上げようというインセンティブが弱くなってしまう。先の長い若手は、この辺は意識的に軌道修正していくしかない。

   別に他人の人生なので、本人が充実してればそれでいいのだけど、ひとことだけ言わせていただくと、一回しかない人生、残業で浪費するのは、あまりにももったいないのではないか。まあ、

「他に何もやること無いから、会社にいるだけで幸せ」

というのなら別だけど。

素振りで評価されるのは高校野球まで

   さて、件の彼だが、最近どうやら裁量労働制の対象者になったようで、「労働時間」という唯一絶対の価値観を喪失してしまって意気消沈らしい。

   裁量労働制というのは時間管理をやめて、定額で手当てを支給する方式で、原則として残業時間の長短は手当てに影響しなくなる。

   結局のところ、本人の叩き出した成果以上には支給できないのだから、こうなるのは当然である。

「俺から残業を取ったら何が残るんだ?」

とでもいいそうだが、椅子に座ってさえいれば無条件で金が貰えると考える方がおかしい。素振りしてるだけで評価されるのは、高校の野球部までである。プロは結果に責任を持ちましょう。

城 繁幸

>>29歳の働く君へ・記事一覧

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
たった1%の賃下げが99%を幸せにするたった1%の賃下げが99%を幸せにする
城 繁幸

東洋経済新報社 2009-03-27
売り上げランキング : 16838
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中