ケータイの電池の保ちの悪さ どうにかならんのか

印刷

   ケータイ向けのコンテンツ開発を行っている、あるIT関係者と話していたときのこと。

「高校生とか、若い連中がケータイで一番困ってることって、何だか知ってる?」

と訊ねられました。答えは、電池の保ちだそうです。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

契約は2年縛り、電池は寿命1年の不可解

ネット上には電池に対する不満の書き込みがあふれ返っている
ネット上には電池に対する不満の書き込みがあふれ返っている

   メールに通話、着メロ、楽曲再生、ワンセグ、カメラ、ゲームと、最近のガラケー(ガラパゴス化した高機能な日本のケータイ)とその使い方には、電池消費の要素に事欠きません。

   ケータイコミックなんて、アダルトやバイオレントな場面になると、自動的にバイブレーターが作動する専用アプリを使っていたりしますし。

「GPSを切るとか、省エネ設定にするとか、細かくやれば保ちも少しは違ってくるんだけどね。買ってすぐ、そのまま使い続ける人が多いから」

   1000円ぐらいで売っている簡易充電器も、見た目はカッコ良くなりましたが、使い物にならなくなるのは相変わらず早い。

   予備の電池パックは高いし、そもそも予備にだって充電しておかなくてはいけない。だったら、気がついた時に細かく充電しておくようにすれば、予備なんてはじめから要らない。

   とはいえ、買ってから1年もすれば、電池の減りは目に見えて速まってきます。

   現在の電池は、だいたい400回の充電で寿命がくるようになっているそうで、毎日帰宅後などに充電していると、1年ほどで寿命になるという理屈だとか。

   使い方が悪いのだと言われそうですが、それでも、買う時に2年縛りの契約をさせられて、電池が1年で寿命というのは、何だか納得感に欠けます。

喫茶店のコンセントに「使用禁止」の貼り紙

   そんなことを話しつつ、あるチェーンのコーヒー店に入りました。

   なんとはなしに店内を見渡すと、柱に付いているコンセントの上に紙が貼られ、「使用禁止」と大書きされています。

   やはりケータイの充電か、と思って店員さんに訊いてみたら、案の定でした。

「店内に掃除機をかける時などに使っていたんですが、勝手にケータイやデジタルプレーヤの充電をしちゃうお客様が目に余ってきたものですから…」

   勝手に他所様のコンセントを使って充電してしまうのは、電気の窃盗にあたりますから、店側が「防犯」対策を行うのは当然っちゃ当然のこと。

   こうなってくると、電池の消費が遅いことが、ケータイやスマートフォンの端末の人気、ひいてはコンテンツやサービスの人気を大きく左右する気もしますが、どんなもんでしょうか。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中