ケータイとiPhoneの2個持ちが「デフォルト」な人たち

印刷

   仕事で一緒だった知人と、帰りの新幹線が同じになりました。

   乗車するなりケータイを取り出し、カチカチやりだす知人。

   何をやっているのかと訊ねてみると、ケータイゲームのコミュニティにアクセスしていました。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

「2ちゃんねらー」第一世代が中年に突入

「メチャメチャ盛り上がっていて、いま一番楽しい」と知人。

   仕事の空き時間や移動中はもとより、ヒマさえあればアクセスするそうです。

   何がそんなに楽しいのでしょう?

「ゲームの攻略法についての情報交換、新作や追加されたラインナップで試したゲームの感想から、ツイッターのつぶやきに近い一言レスまで、コミュニティに参加している人たちとのやりとり全部が楽しい。オフ会はもちろん、ゲーム中にワザと失敗したり、ワザと意地悪をしたりする、コミュニティの仲間内だけでわかるネタの仕掛け合いはすごく盛り上がる(笑)」

   ゲームをプレイしている最中もポータルサイトやSNSのコミュニティにアクセスできるよう、ケータイとiPhoneの2個持ちが「デフォルト」(初期値、当たり前)なのだとか。

   そう聞いて、すぐに思い出したのが、2002年のW杯サッカー日韓共催のときのこと。

   片方でテレビを見つつ、2ちゃんねるの実況板にレスを書き込むのが爆発的に流行していました。

   スレッドや板(カテゴリー)のなかでの馴れ合い、ネタの仕掛け合いも、2ちゃんねるでフツーに見られた光景です。

   それにしても「いつか来た道だな」としみじみ思わされたのは、この知人が40代だったからでした。

   あのころ、中高年の間でデジタルディバイドが問題になっていたのが、まるでウソのようですよ、ホントに。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中