夢追う彼氏に数百万円! 貯金できない派遣のユウウツ

印刷

   アイルが運営する求人求職マッチングサイト「派遣@ばる」は、派遣スタッフを中心とする会員を対象に「貯蓄」に関する調査を行った。それによると、現在貯蓄をしていると答えた人は49%、していない人は51%で、ほぼ半々だった。

節約続きでストレス溜まり「衝動買い」でパー

限られた「年収」(図上)の中から毎月の「貯蓄」(図下)を頑張っている(出典:派遣@ばる)
限られた「年収」(図上)の中から毎月の「貯蓄」(図下)を頑張っている(出典:派遣@ばる)

   現在貯蓄をしている人からは、その理由について「派遣だと退職金もでないし、老後が不安」(ゆりぴぃさん)、「失業した時の備えのため」(ぽよよんさん)と回答があった。一方、貯蓄をしていない人からは、

「貯蓄するほどの給料がない」(蜜柑さん)
「生活にいっぱいいっぱい」(みーさん)

というコメントが寄せられている。失業や老後は不安だが、日々の生活で貯金するだけの余裕がないという人も多い。

   貯蓄をしている人は、それなりの工夫をしている。「いちばん最初に貯蓄額を引き去っておく」(ちゃーこさん)、「食費を含めてきちんと予算立てをする」(つきさん)といった基本的なことから、「ウインドショッピングに行かない」(りこさん)など、地道な苦労をしているようだ。

   工夫に成功した人の中には「後輩が1年で100万円貯めた!」(のんこさん)というエピソードも。こうすれば、もっと貯めることができたのにという反省としては、

「飲み会の二次会を断ればよかった」(pinkoさん)
「投資について勉強していたら効率よく増やせたのかも」(りこさん)

などがあがった。べっぺさんは、貯金をするためにギリギリまで生活費を絞り込んでいたのだが、ある日節約生活に耐えられなくなって「反動で衝動買いしてしまった」。無理な節約では長続きは難しい。

化粧品やエステでローン組み「貯金ゼロ」

   その他にも、「女性の貯蓄の敵」は、思わぬところにも潜んでいる。まずは男性関係。りーさんには、かつて「夢を追っていた」彼氏がいた。

「私が年上だったから、彼には無理に働かせないで、私が生活費の面倒までみていた。結局、結婚には至らず(貢いだお金は)数百万にもなってしまった」

   もうひとつの「敵」は、美容関係だ。ぶるジェンヌさんには一時期悩みがあり、大手エステ店や化粧品販売店などに通っていた。20代前半には、それなりの稼ぎもあったはずなのだが、

「スタッフのお姉さんたちの口車に乗ってしまい、あれもこれもやらなきゃダメ、みたいな感じで。断ると“自由になる金額の範囲でいいですから”ってローン組まされてしまったり・・・」

   危機感をあおられて、気付いてみれば貯金はゼロに。いまではセールスに対する「免疫」ができ、断ることができるようになったというが、高額の授業料となってしまったようだ。

【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法
【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法内藤 忍

おすすめ平均
stars資産運用を易しく理解するには最適の本だと思います
starsカタログ的には使える
stars金融商品での資産形成の手引き
stars入門書とてしては難あり
stars入門書です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中