2019年 11月 21日 (木)

人材採用で「占い師の言いなり」になる社長

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   最近、ある中小企業に勤め始めたtigoraさん。この会社の社長は、占いが大好き。信頼している占い師がいるらしく、何かと相談をしていますが、どうも占い師のアドバイスに振り回されているような気がしてなりません。

「災難が降りかかる」と不採用

   たとえば、会社の人の採用。社長が作った適性検査の結果に、占いの結果を加えて合否を決めています。面接の印象がよく実力がありそうな人でも、占い師が「この人とは縁がない」「採用しても災難が降りかかるだけ」と発言すれば即不採用です。

   tigoraさんが採用されたとき、社長から占いの結果を教えてもらいましたが、うまいこと言っているけど誰にも当てはまることで、「言われてみればそんな気もする」ような、あいまいな内容だったそうです。

   しかし社長は、占い師の言うことをすっかり信じ込んでいて、入社してからも「占いの結果でこう出ていたのだから、こうじゃないとおかしい!」「占いの結果からして、お前はいまこう考えている!」などと叱ります。

   社内を見てみると、手間をかけて採用しているはずなのに、なぜか人の出入りが激しい。質問者さんは、この会社でやっていける自信がなくなってしまいました。そこでQ&Aサイトの「教えて!goo」でみんなの意見を聞いてみることにします。

「正直気持ち悪いです。この程度のことは、どの会社でもあるものでしょうか?」

   会社の社長は「決断」が仕事。どの会社でも、とは言えませんが、小さな事務所を経営するオーナー社長が、ネットの有料占いサイトといくつも契約していると聞いたことがあります。また、米国の大統領や日本の大企業の社長が、占い師の助言で大きな決断をしたという噂も耳にします。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中