2019年 11月 20日 (水)

建設会社のはずが「勤務先はラブホです」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   転職活動中のotyanoma-tiさんは、20代の女性。ハローワークから建設会社のA社を紹介され、事務職の求人に応募しました。書類選考を通過し、面接を受けに行ったところ、面接官から意外な事実を明かされました。

虚偽の求人広告は違法

悪意があったのかなかったのか
悪意があったのかなかったのか

   それは、勤務先と事業内容のこと。ハローワークでの求人では、勤務先はA社となっていましたが、面接官いわく、

「実際に働いていただく会社はB社という関連会社で、事業内容はホテルです」

とのこと。とても緊張していた質問者さんは、あまりに唐突な話で、なにがなんだか分からず頭も働きません。思わず「はい」と返事をし、質問もせずにそのまま面接を終えてしまいました。

   しかし、家に帰って落ち着いてみると、やはり勤務先のことが気になります。A社のホームページにアクセスしても、関連会社のB社の名前はなし。B社の名前で検索してようやくヒットしたのは、なんとラブホテルだったのです。

   最初からそうと分かっていれば、応募もしなかったし、入社もしない。意気込んで面接に行っただけに「だまされた!」という思いでいっぱいの質問者さんは、A社から電話連絡が来たら、どのように断ればいいのか悩んでいます。

   怒りを込めて正直に断ればいいのか、角を立てずに他の理由で断るべきか。そこでQ&Aサイトの「教えて!goo」で質問してみることにしました。「こんなことってよくあるものでしょうか? 会社不信になりそうです」

   虚偽の求人広告を出すことは違法で、罰則もあります。正面から事実を確認し、強い調子でクレームを入れて、毅然とした態度で断って当然と思いますが、寄せられたアドバイスは意外と穏やかです。

「ハローワークと相談の上ご回答させていただきます、といえばよいのかな?」(gtx456gtxさん)
「自分で調べたらラブホテルのようでしたが、自分には合いません、もう少し説明してほしかった、と言えばどうでしょうか」(odaigaharaさん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ラブホテル経営戦略
ラブホテル経営戦略
  • 発売元: 週刊住宅新聞社
  • 価格: ¥ 1,785
  • 発売日: 2009/04/25
  • おすすめ度 5.0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中