仕事疲れに「好きな異性を想う」は男性上位

印刷

   20代の若手ビジネスパーソン向け情報サイト、コブスオンラインが、「仕事中に疲れたとき、自分を奮い立たせるためにしていることランキング」を発表している。1位は男女ともに「休暇のことを考える」だった。

女性は「お菓子が精神安定剤」

男の願いは届いていない
男の願いは届いていない

   IT企業に勤めるクリエイティブ職の27歳男性は、「モチベーションを上げるには週末の楽しみを想像するのが一番」と答えた。

   金融業で働く22歳女性も、「あと何日働けば休みだと自分に言い聞かせて」気持ちを奮い立たせるという。

   明けない夜はない。ここで頑張れば、数日後には楽しいことがある――。そう考えて乗り切ろうとすることは、仕事疲れには効果があるようだ。

   意外なのは、男性の2位にあがった「好きな人や恋人のことを考える」という回答。複数回答ではあるが、5人に1人が答えている。

「好きな人の笑顔を思い出すと、ささくれた気分も晴れる」
「彼女となかなか会えないので、頭の中で思い出す」

など、男性にとって(想像上の)女性の「いやし効果」は、殺伐とした職場では欠かせない。

   一方で、女性の2位はというと、「お菓子を食べる」こと。「お菓子は私の精神安定剤(笑)」「とりあえず糖分を摂取すれば、もう少し頑張れるかな~」など、色気より食い気という回答だ。

   結局、「好きな人や恋人のことを考える」は女性では4位どまり。3位の「トイレで休憩する」にすら負けている。男性からの熱い想いは、どこへやら。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中