2018年 8月 16日 (木)

「お茶くみ要員に1千万円」 来年度から改めます

印刷

   兵庫県西宮市が、市会議員にお茶を出す「給茶業務」の民間委託を、来年度から取りやめる方針を明らかにした。委託費は約1千万円。これまでは定員45の議会開会中か否かにかかわらず、常時3人の職員を配置していたという。

給湯室に2人、応接室に1人が待機

自分で飲む分は自分でいれるのが原則
自分で飲む分は自分でいれるのが原則

   給茶担当の業務時間は、平日の午前8時半から午後5時半まで。市議会棟の給湯室に2人、応接室に1人の職員が待機していた。

   近隣自治体では、議員活動を補助する嘱託職員が電話対応なども兼ねて給茶を行っている。西宮市でもこれにならい、議会事務局の職員がポットにお茶をいれ、議員が自分で注ぐ方法の切り替える予定だ。

   しかし、これまでのカネのかけ方に、ネット上には「市民感覚からかけ離れすぎている」と非難する声が上がっている。

「これで『増税に理解をお願いします』と言われてもな」
「議員は客じゃないし、自分でやるのが当たり前」

   茶道の宗家がいちいち点ててくれるんだろう、と皮肉を言う人や、コスト削減が厳しく求められている民間企業などの実態と比べる人もいた。

「社員45人の中小企業が、お茶くみに1千万円かけるかよ」
「私の客先の一部上場企業では、課長さんが自らお茶を出してくれます」
「中央省庁だって茶なんか自分でいれてたぞ」

   ある中小企業では、社長が自分でお茶をいれており、若手社員や事務員がやろうとすると「そんなことは時間の無駄だ、仕事しろ」と叱られたという。

   そもそも、一人ひとりに急須でお茶をいれる必要もなく、「給茶機1台あればいい」「有名弁護士の事務所でもペットボトルのお茶だった」「1本100円で10万本ストックした方がマシ」という声もある。

   西宮市では20年以上前からの慣例だったそうだが、「失われた10年」の間に予算削減も求められていたはず。役所の前例が見直されたことは評価できるが、そのスピードの遅さには首を傾げたくなる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中