仕事の「やる気」生むのは、職場の「気になる異性」?

印刷

   ビジネスパーソンの「仕事のやる気」は、職場に「好感を持っている」「気になる」異性がいる人の方が高くなっていることが、JTBモチベーションズの調査でわかった。

男性は「見た目重視」がトップ

気になって仕事できない?
気になって仕事できない?

   調査には、全国の20歳代から40歳代までの働く男女618人が回答。職場に気になる異性がいる人に対し、仕事の「やる気(モチベーション)」を尋ねたところ、「高い」「やや高い」と答えた人が74.2%に上った。

   一方、職場に気になる異性がいない人は、やる気が「高い」「やや高い」と答えた人が42.4%にとどまった。やる気が「低い」とはっきり答えた人も8.4%で、気になる異性がいる層の2.6倍だった。

   上司が嫌でも給料が安くても、「あの娘がいれば仕事は楽しい」という人もいるのだろうか。ネット上には「どうりでやる気が出ないわけだ」と納得する声や、もしそんな異性がいたら「むしろ気になって仕事できないだろ」という声が上がっている。

   職場で好感を持たれるタイプには、男女で違いが表れた。好感を持つ異性が「いる」男性に複数回答でその理由を聞いたところ、その女性の「見た目に好感が持てるから」と答えた人が90.3%、「立ち居振る舞いやしぐさ」が88.7%だった。

   これに対し女性では、その男性の「性格や考え方に好感が持てるから」(78.4%)がトップ。「仕事に取り組む姿」(72.5%)、「仕事ができ、成果をあげていること」(72.5%)が続き、「見た目」(70.6%)を上回った。

「プライベートな相談」に弱い男性

   コブスオンラインでは、20代のビジネスパーソンを対象に調査した「職場の同僚を異性として意識してしまう瞬間ランキング」を公表している。女性が男性を意識する第1位は「体調や疲れを気遣ってくれたとき」だった。

「仕事の苦労を分かってもらえるのは大きい」
「疲れているときに声をかけられるとうれしくなる」
「昨日休んでたけど大丈夫?と言われたときはグッときた」

など、仕事とプライベートの境目にある部分を気遣うことで、好感度をアップさせることができるようだ。

   男性が女性を意識する第1位は、「プライベートの悩みを相談されたとき」。仕事をする場所であるオフィスで、異性の同僚から私的な悩みを打ち明けられると、ドキッとするということだろう。

「プライベートな話題は親しくならないと相談されないから」
「仕事とプライベートの間には一線があると思うから」

というコメントからも、「こんな相談してくるなんて、この娘はオレに気があるのかな」と思わせる効果がありそうなことが読み取れる。

   もちろん、彼女が本気で悩んでいて、困り果てて相談を持ちかけることがほとんどだろう。浮き足立って的確なアドバイスができなければ、株が下がることになるので要注意だ。

職場に気になる異性はいますか?
いる(大好き)
いる(感じがいい)
異性はいるが気にならない
異性がいない
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中