高齢者の「ケータイの使い方」に注目

印刷

   デジタル・ディバイドと言ったのも、もはや一昔前。いまや、中高年はおろか、高齢者もネットやIT機器を使いこなしています。もちろん、ケータイもそのひとつ。67歳の文筆業、Aさんは「ケータイメールは便利でいい」と言います。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

コラムのネタを自分宛に送っておく

気持ちの若さで大きく差がつく
気持ちの若さで大きく差がつく
「家族や編集者と急ぎでない連絡を取りたい時、これまでなら、まず公衆電話を探して、電話をかけて、急ぎじゃないんだけどと言い訳しながら話してた。ケータイどうしのメールだと、相手を煩わせなくてすむという安心感があるよ」

   急ぎでない場合とは、「翌週など先々の待ち合わせ時間を少し遅らせてほしい、出かける時に伝えたよりも帰宅がちょっと遅れる」といったようなケース。

「最初は、説明書を読んでもわかりにくいし、子どもや孫に嫌がられながらあれこれ教えてもらってた。慣れると本当に便利でいいね。
うっかり筆記具やノートを忘れて外出して、コラムやエッセイのネタが浮かんだ時、自分宛にケータイメールにメモして送っておくんだ。どうだい、賢いだろう」

   私もよくそうやってますよ、というと、「なんだ、俺だけじゃなかったのか」と苦笑い。

   でも、ケータイを便利に使いこなしている様子が伝わって、なんともほのぼのとした気分にさせてくれます。

   60代後半、70代手前という女性のBさんは、ケータイのカメラにハマっているそうです。

「旅行や外出の途中で、記念撮影ほどじゃなくて、ちょっと撮っておきたい場面って、案外あるのよ。そういうとき、デジカメだとバッグから出して、起動させてって面倒だけど、ケータイならすぐカメラに切り替えられるでしょう」

自由に使える時間はたっぷりある

   はじめのうちは、手ぶれがひどかったりピントが合ってなかったり、良い画像が撮れなかったとか。

   そこで、元カメラマンの知人や、近所の写真店のご主人に、コツを教えてもらいました。

「画像のサイズやホワイトバランスを変えるとか、夜景や街角スナップならセルフタイマーを利用して手ぶれを防ぐとか。それだけのことで、他人に見せられる画像を撮ることができるのね。最近では、画像編集ソフトの使い方を習ってて、上手く加工できた時は年始や夏のご挨拶状に使ってるのよ」

   よくよく考えれば、いまの高齢者はオフィスの電算化やOA化の波を潜ってきた世代。

   コンピュータやIT機器の仕組みはわからなくとも、「機械」そのものは、慣れさえすれば使えるのでしょう。

   なにしろ、自由に使える時間をたっぷりと持っている世代です。高齢者が新しいケータイの使い方やコンテンツを考えだす日が、近々にも来るかもしれません。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中