「ソーシャルゲーム」になだれ込むユーザーとは?

印刷

   推計でユーザー900万人、市場規模900億円というソーシャルゲーム。

   ケータイやiPhoneで遊んでいる人を、街なかや車内、喫茶店内などで見かけることも、もはや珍しくありません。

   ただ、8割のユーザーは麻雀やテトリスなど、無料で遊び続けられるゲームをやっていて、アイテム等で課金されるタイトルで遊んでいるのは2割に過ぎないそうです。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

いつでもどこでも、パチンコより安く遊べる

   その2割のユーザーは、どんな人なのか。

   探してみると、案外近くに居ました。タレントさんなど芸能人です。

「ロケや収録って、移動や待ち時間が結構あるんです。そんな時でも、ケータイは必ず持っていますから、自然とソーシャルゲームをやるようになったんです」

   ある男性タレントさんは、こう言います。

   10代、20代ならともかく、30代ともなると、仕事場に携帯ゲーム機を持っていくのも憚られる。でも、長時間の移動や天気、準備などを待っている時、暇でやることがない。

「特に、眠くない時や食事を終えた後に時間が空くなんて最悪。以前はメールもしてましたけど、相手が忙しかったら返信も来ないし。その点、ソーシャルゲームは、暇つぶしにもってこいなんですよね」

   かつては、ロケなどで空き時間があると、すぐに近くのパチンコやパチスロに飛び込む人もいたのだとか。

「ソーシャルゲームなら、ケータイさえあればいつでもどこでも遊べますからね。まあ、電波の届く所に限られるって制約はありますけど、パチンコ屋を探し回るよりはぜんぜん楽だし、パチンコやパチスロで使うのと課金アイテムで使うのでは、お金の額も違いすぎるし」

   実は、消費者金融への上限金利の引き下げ、貸し出しの総量規制によって、もっとも「ワリを食う」のが、パチンコ、パチスロ業界だと言われています。

   多くのパチンコ、パチスロユーザーが、消費者金融を利用しつつ遊興しているからです。

   今後、彼らが、よりお金のかからないソーシャルゲームになだれ込んで来る、なんてこともあるのかもしれませんね。

   ソーシャルゲームはもちろんのこと、パチンコ、パチスロもいまやITの塊ですし、遊ぶ方も違和感がないんじゃないか、と。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

僕が六本木に会社をつくるまで
僕が六本木に会社をつくるまで
  • 発売元: KKベストセラーズ
  • 発売日: 2005/10/22
  • おすすめ度 3.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中