カレシのケータイで変顔写真撮ってみたら

印刷

   ケータイが原因でケンカ。もはや日常的なことです。会社員のA子さんも、とうとうケータイを巡ってカレシとケンカしてしまいました。

「先日、ちょっと洒落た店に飲みに行って、カレがトイレに立ったんです。その間にテーブルに置いていたケータイで、内緒で私の変顔写真を撮っておいたら面白いかなって、ちょっとしたイタズラ心だったんですけど」

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

知らない女性との2ショット発見

   変な顔をケータイのカメラで撮り、データの保存を確認しようとデータのフォルダを開きました。

「そうしたら、直前に撮った画像を偶然見ちゃって」

   A子さんの知らない女性に抱きついているカレの画像でした。浮気を疑うA子さんは、トイレから帰ってきたカレシをなじりました。

   逆に、勝手にケータイを触ったことに激怒するカレシ。

「やっていいことと悪いことがある、って。そのまま、気まずい雰囲気のまま店を出て口げんかをしてたら、売り言葉に買い言葉で私のケータイをカレシに見せることに」

   ところが、カレシは受け取るなり、画像フォルダを確認することもなく、A子さんのケータイを道ばたに叩き付けてしまったのです。

「機能的には大丈夫だったんですが、外装が割れてしまって。外装自体は、数千円ぐらいで新しくできましたけど、すごくキレイに自分でデコレーションをしてたので、それがショックで…」

   たしかに、勝手にケータイの画像を盗み見のようにしてしまったのも悪いかもしれないけれど、やっていいこと悪いことというなら、いきなりケータイを壊すのも同罪ではないか。

   交際して1年あまり、A子さんはカレシと別れることを考えているそうです。

   客観的に見れば、これはもう、どっちもどっち。

   ただ、夫婦どうしや交際相手のケータイに保存されている通話記録やメール、画像に、どこまでプライバシーを認めるのか。

   そんなことにも気を回さなければならなくなっているのは、事実でしょう。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中