2018年 12月 10日 (月)

派遣社員の時給、過去最低に 技術系の職種は回復傾向

印刷

   エン・ジャパンが運営する「[en]派遣のお仕事情報」の調べによると、2010年9月度の派遣社員募集時の平均時給は1542円で、07年12月度の調査開始以来、最低水準となった。最も時給が低い職種は軽作業で、「事務的軽作業」では1074円、前年比で5.1%下落している。

SEは「ビジネスアプリ系」がトップ

前月比では「IT系」と「技術系」でプラス
前月比では「IT系」と「技術系」でプラス

   最も平均時給が高かった職種は、半導体、機械等の設計を行う技術系の「ハード系設計」で2254円。前年比で12.6%も伸びている。

   IT系では、「ビジネスアプリケーション系SE」が2203円で最も高く、前年比1.4%、前月比では2.9%の増となっている。

   全体的にIT系の職種の時給は高いが、08年3月には2000円を超えていた時給が、現在は1800円台まで落ち込んでいる。逆に技術系の職種では、10年3月には1633円まで落ち込んだものの、半年で100円ほど回復している。

   調査元によれば、派遣社員の求人自体は、ここ数年で減少傾向にあるが、ここ数カ月は増加傾向に転じていたという。このため、平均時給が回復することも考えられたが、「過去最低を更新したことは意外だった」(広報部)とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中