2019年 11月 16日 (土)

ケータイ持ってる人に連絡取れないなんて

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   飛行機の中でケータイの音楽を聞くときや、夜中のメールを受信せずに目覚ましアラームを使いたいとき、「電波OFFモード」を使うと便利です。

   キャリアによって呼び名が違いますが、ケータイの電源を入れたまま電波の送受信だけ停止する方法です。映画館で電源を切らずに電波だけOFFにする人もいます。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

便利な設定だけどリスクもある

   先日、ケータイの「電波OFFモード」をオンにしたまま、そのことを忘れて半日を過ごしてしまいました。

   「今日は珍しく、どこからも連絡がないな」などと呑気に考えていたのですが、午後も遅くなってから連絡をしようとケータイを見てビックリ。

「電波OFFモード切るの忘れてた!」

   慌てて電波OFFモードを解除して着歴を確認すると、実際には前日の夕刻から20件近くの連絡が入っていたのです。

   そのなかには、登録のない固定電話やケータイからの連絡も3件。

   新たな仕事を1つか、最大で3つもフイにしてしまったようです。

   履歴の古い順に折り返すと、親しい仕事先の人から「いやあ、ずっと出られないになっていたので、事故に巻き込まれたか緊急入院でもしたのかと、最後には心配になっちゃいましたよ!」と、異口同音に怒られてしまいました。

   同じようなことをやってしまったのが、広告やパンフレットなどを制作する会社に勤める営業マンのAさん。

   午前中に直属の上司や同僚と3人で客先へ出向き、新しい案件の合同オリエンテーションに参加。

   このとき、集合時間ギリギリに着いたAさんは、ボタン操作の煩わしさから「とりあえず」と思ってケータイの電源を切りました。

「マナーモードだと、音は鳴らないけどバイブが振動してしまうんです。着信音は論外ですが、バイブのビービーいう音がオリエン中の会議室で鳴るのも、みっともないし迷惑じゃないですか」
ケータイの「電波OFFモード」、使ったことありますか?
ある
知っているが使ったことはない
知らなかった
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中