「会社の話」はすべて「仕事の話」なのか

印刷

   IT会社の開発部門で、プロジェクトリーダーを務める30代後半のAさん。毎晩、遅くまで仕事をしていますが、先日、クライアントへの納品を済ませて帰ってきたところ、20代後半の部下Bさんが仕事の片づけをしていました。時計はまだ8時。翌日の朝イチで打ち合わせがあるAさんは、いつもより早めの食事を取ろうと考えました。

「あいつ大丈夫か」という話題もダメ?

そこまでして会社の話題を避けるのか
そこまでして会社の話題を避けるのか

   そこでBさんに、一緒に飯食いにいくか、おごるよと声をかけたところ、

「えー、別にいいですけど。仕事の話とかナシですよ」

という返事。ただ腹が減ったから聞いただけだとAさんは言って、会社近くの定食屋でビールを頼みました。

   何杯目かのビールを飲んだころ、Aさんは、部下のCさんが最近休みがちなのをふと思い出しました。

   プロジェクトの締め切りにはまだ時間があり、作業は挽回可能ですが、彼の「体調不良」がどの程度なのか、気になります。

   そこで、「Cって最近よく休んでるけど、体調大丈夫なのかな。ここのところ忙しくて、様子が分からなかったんだけどさ」と尋ねると、Bさんは待ってましたとばかりにAさんを指差し、中腰になって、

「ほーらほらほら、やっぱりそうじゃないですか。仕事の話はしないって言ったのに!」

と大声をあげて文句を言います。Aさんは、一瞬しまったかなと思いつつ、「お前さあ、同僚の調子が気にならないの? それに、会社に関係する話だけど、仕事の話じゃないだろ」と反論すると、「会社の話は全部、仕事の話です」というキッパリとした返事。

言い合いもコミュニケーションの一種

   仕事の話というのは、あそこに請求書は出したかとか、提案書はどうなったとか、最近の成績は悪いとか、そういう話だろ、いやそうではない、などと言い合いになった末に、Aさんは、

「共通の同僚のことくらい、世間話みたいなもんだろ。それともお前の好きなネットゲームの話とか、俺にしろって言うの? それはムリだよ」

と、つい口にしてしまいました。

   Bさんは、「だからイヤなんだよ、一緒に来るのは」とブツブツ言いながら、とりあえず注文したものを一通り飲み食いして、2人で帰ったそうです。

   Aさんによると、Bさんとの関係は、その一件で悪化したのかと思いきや、「特に変わってもいない」とのこと。

   逆に、こころなしかBさんからAさんに話しかけてくる回数が増えたような気もするそう。

   コミュニケーションというのは、お互いの考え方に共感できなくても、ただ知ることができるだけでいいのかもしれません。

同僚との飲食の場での話、どこからNG?
職場の話なら別にOK
経営の話は聞きたい
会社の話は全般NG
仕事の話でもOK
女子会 東京 女子が選んだ女子のためのお店ガイド
女子会 東京 女子が選んだ女子のためのお店ガイド
  • 発売元: 東京書籍
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2010/05/20
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中