「電話代わって」 どうしても耐えられない理由

印刷

   不潔なのはイヤ。潔癖性の人でなくとも、多くの人はそう思っているかもしれません。都内の大学生A子さんは、フツーの人よりも少しだけ潔癖なのでしょう。

「友達と一緒にいてケータイで通話しているとき、電話代わってと言われること、結構あるじゃないですか。私、それができないんです…」

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

でも頼まれてしまうと断るのは難しい

   通話している最中に、ケータイの液晶画面に着く皮脂や汗が、どうしても我慢できないのです。とくに他人の電話を借りなければならないときには、抵抗感が増します。

「脂や汗が着いているままの液晶画面を、自分の耳に付けるというのができません。家族や付き合っている男性でも、何とかがんばって決心して大丈夫って感じなのに、ましてや他人となると、さすがに無理って…」

   除菌クリーナーなどでさりげなく画面を拭きたいところですが、感じの悪さは否めません。

   そもそも、通話中に「代わって」となるようなシチュエーションでは、よけいな時間はかけにくいものです。

   逆に、自分の電話を他人に貸さざるをえなくなることもあります。

「しかも、『代わって』ってリクエストされるのは、だいたい通話相手から。側にいる友達や知人にも相手の声が聞こえているかもしれないので、代わるのは嫌だとも言えないし。おかしなことだと思うでしょうけど、自分でもどうしようもないんですよね…」

   とりあえず、通話を代わり、がまんにがまんを重ねて、友達などと別れてからケータイを除菌クリーナーなどでキレイにするのだとか。

   以前、このコーナーで、皮脂が着いたスマートフォンを見せられてゾッとしてしまう女性の話を取り上げました。

   今回のA子さん自身の気持ちもわからなくありません。

   イヤフォンマイクを使うにしても、イヤフォンのほうで同じことになるのでしょう。

「できるだけ、メール主体でやり取りするしかないのかもね」

   当たり前のつまらないアドバイスではありますが、それぐらいしか言えない自分がいました。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中