「誰の顔色も気にせずに、自分らしく」 生きていけるか社会人

印刷

   ネットアンケートのgooランキングが発表した「会社のうっとうしい先輩にありがちなこと」。1位は「上司の顔を伺う発言ばかりする」でした。後輩たちを脇に置いて上司の意向を最優先させる姿には、冷ややかなまなざしが注がれているようです。

   しかし上司は、最大の社内クライアント。会社員たるもの、その指示命令や意向に沿わない行動は取れません。これは日本企業だけの特質ではなく、欧米ではより厳しいところもあるという指摘もあります。

独立すれば「会社員以上に神経使う」

お客に比べたら社内の上司は「いちおう味方」
お客に比べたら社内の上司は「いちおう味方」

   Q&AサイトのOKWaveには、日々の雇われ稼業に飽き飽きする27歳女性会社員からの相談が寄せられています。

   毎月のお給料はもらえるものの、女性としての出世の限界が見えている。ぶっちゃけ大したことのない上司や先輩の顔色を伺う日々には、もう耐えられません。

「要は自分らしく生きたい」
「自分の人生に花をさかせたい」

と夢見る質問には、「甘すぎる」とやっかみ混じりの厳しいコメントが浴びせられるかと思いきや、ベテランの起業経験者などから冷静かつ温かいアドバイスが寄せられています。

   共通しているのは、「誰の顔色を気にせず、自分のやり方で」仕事をしたいという動機で開業するのは難しいということ。

「開業すれば上司の顔色は見なくてすみます。しかしお客様の顔色は見ないといけません。人を雇えば社員の顔色を見る必要もでてきます。開業したては仕入先の顔色もうかがわないといけません」(dai-ymさん)
「会社内の上司(いちおう味方)ではなく、お客さま(ほぼ敵)が直接上司みたいなシステムになっていくので、追い込まれるときは多々あります」(aftermanさん)

   なるほど、利害の対立する客と比べれば、社内の上司は「いちおう味方」なわけですね。

   自営12年目のPussinBootsさんも「会社員時代以上に神経使う場面が多い」と忠告しますが、一方で、やっぱり独立するメリットはあると助言します。

「相手は取引先、つまり自分に直接報酬を払ってくれる相手なので、会社員とは少し事情が異なります。我慢して努力した分だけいつかは報酬という形に具体化されてきますので、苦にはならないです」

   会社にいるうちは上司の、独立すればお客さまや取引先の顔色を伺うのは、社会で生きていくものの宿命のようです。上司の顔色を伺う先輩を冷たく見ている後輩たちも、社会人経験を重ねると考えが変わったりするのかもしれません。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中