2019年 3月 25日 (月)

「日本の生産性」は、なぜこれほどまでに低いのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   先日発表された「労働生産性の国際比較2010」(日本生産性本部)によると、日本の労働生産性はさらに低下し、OECD加盟33か国中22位となってしまった。

   「俺は一生懸命頑張っているのに!」と憤懣やるかたない人も多いだろう。というか、僕自身、日本のサラリーマンほど真面目に働く労働者を知らない。では、なぜ日本人は一生懸命働くにもかかわらず生産性が低いのか。

>>29歳の働く君へ・記事一覧

バラマキで企業が抱え込む「社内失業者」

   理由は簡単。頑張っている人がいる一方で、そうじゃない人がいるためだ。“ノンワーキングリッチ”とか“ただ乗り社員”とか“窓際正社員”とか、いろいろな名で呼ばれるが、ここでは「社内失業者」と呼ぶことにする。

   彼らは、職場にまぎれていることもあれば、事業部全体が巨大な社内失業者の塊であることもある。完全に貢献度ゼロの人もいるが、それぞれの従業員の中に広く薄く散らばって存在していることもある。誰だって自分の担当業務の中に「これって意味あるの?」と思っている仕事が一つくらいはあるだろう。

   以前も書いたように、日本国は社会保障を民営化して企業に丸投げしているので、社内失業者を失業者として社外に放り出させるわけにはいかない。よって、雇用調整助成金等のバラマキで、100万人分以上の社内失業を企業に抱え込ませている。

   これが、日本の労働生産性が低迷する理由だ。

「社内失業者も失業者も、どちらも同じ失業者じゃないか」

と感じる人もいるかもしれないが、決定的な違いがある。

   なったことのある人は分かると思うが、後者は再就職のために涙ぐましい努力をする。リーマンショック後に外資をクビになった人の中には、この不況期にあっても留学等で着実にキャリアアップにつなげようとする人が少なくない。

   一方、社内失業者はどうだろうか。彼らは目立たないように息をひそめ、“ノンワーキングリッチ”とか“城繁幸”とかいったキーワードを目にするたびに、びくっとしているだけだろう。

   まあ、中には頑張っているという人もいるのかもしれないが、突き詰めれば彼の言う頑張りは「自分の仕事はとても有意義だ」と装うことに費やされているはずだ。

   よって、いつまでたってもあまり大きな進歩は見られない。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中